Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

インターフェイスの説明の構成

 

構成ファイルには、各物理インターフェイスの説明テキストを含めることができます。指定した説明テキストは、 show interfacesコマンドの出力に表示されます。また、 ifAlias管理情報ベース (MIB) オブジェクトにも公開されています。インターフェイス’の設定には影響を与えません。

テキストの説明を追加するにはdescription 、次の[edit interfaces interface-name]ように階層レベルのステートメントを含めます。

たとえば、以下のように記述します。

説明は、1行のテキストでもかまいません。テキストにスペースが含まれている場合は、引用符で囲みます。

拡張 DHCP リレーを設定して、インターフェイスの説明をオプションの 82 Agent サーキット ID suboption に含めることができます。『 The the Using DHCP Relay Agent Option 82 InformationJunos OS Subscriber Management and Services Library使用」を参照してください。

論理ユニットの詳細については、「Adding a Logical Unit Description to the Configurationする」を参照してください。

ルーターまたはスイッチ CLI から説明を表示するには、 show interfaces次のコマンドを使用します。

user@host> show interfaces fe-0/0/1

インターフェイスの説明をインターフェイス MIB から表示するには、 snmpwalkサーバーからコマンドを使用します。特定のインターフェイスの情報を分離するには、 SNMP ifIndexshow interfacesコマンド出力のフィールドに表示されているインターフェイスインデックスを検索します。ifAliasオブジェクトはにifXTableあります。