Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

アカウンティングデータのログファイルを構成する

 

アカウンティングプロファイルは、収集してログファイルに書き込む統計情報を指定します。アカウンティングデータログファイルを構成するには、次fileのように[edit accounting-options]階層レベルのステートメントを追加します。

ここfilenameで、はアカウンティングデータを書き込むファイルの名前です。

ファイル名にスペースが含まれている場合は、引用符 ("") で囲みます。ファイル名にスラッシュ (/) を含めることはできません。このファイルは/var/logディレクトリに作成され、複数のプロファイルのデータを格納できます。

すべてのアカウンティングデータログファイルには、ヘッダーとトレーラーセクションがあり# 、最初の列では「」で始まります。ヘッダーには、ファイルの作成時刻、ホスト名、ファイルに表示される列が含まれています。トレーラーには、ファイルが閉じられた時刻が格納されています。

ファイル内の列に影響を与えるように設定された値の変更があった場合、そのファイルは新しいプロファイルレイアウトレコードを作成します。これにより、新しい列のリストが表示されます。

ファイルサイズを設定する必要があります。その他のプロパティはすべてオプションです。

バックアップファイルの保存期間の設定

ローカルディレクトリに保存されているファイルが削除されるまでの日数を設定できます。

/var/log/pfedBackupディレクトリに保存されるファイルは常に圧縮されており、 compress文が設定されているかどうかに関係なく、ローカルストレージを節約できます。

バックアップファイルの保存期間を構成するには、次のようにします。

  • 日数を指定します。

このオプションを設定しないと、ファイルは1日間保持されます。

構成されているかデフォルトであるかにかかわらず、この[edit accounting-options file]値は、階層レベルで設定されたすべてのファイルに適用されます。

ファイルの最大サイズの設定

ファイルの最大サイズを設定するには、以下のようにします。

  • サイズを指定します。

このsizeステートメントは、ログファイルの最大サイズ (バイト単位、kb 単位、mb 単位)、またはギガビット (gb) です。最小値bytesは 256 KB です。構成bytesする必要があります。残りの属性はオプションです。

ファイルのアーカイブサイトの設定

ファイルが最大サイズに達するか、またtransfer-intervalは時間が経過すると、そのファイルは閉じられ、名前が変更されると、アーカイブサイトがリモートホストに転送されます。

ファイルがアーカイブされるサイトを設定するには、以下のようにします。

  • 1つまたは複数のサイト名を指定します。

ここsite-nameでは、有効な FTP URL が指定されています。有効な FTP Url の指定の詳細については、 Junos OS 管理ライブラリを参照してください。1つ以上の URL を任意の順序で指定できます。ファイルがアーカイブされると、ルーターまたはスイッチはそのファイルをリスト内の最初の URL に転送しようとし、転送が成功しない場合にのみリスト内の次のサイトを試行します。ログファイルは、形式router-name_log-filename_timestampのファイル名とともにアーカイブサイトに保存されています。

アカウンティングファイルのローカルバックアップを構成する

ファイルをアーカイブサイトに転送する際に、ローカルにアカウンティングファイルのコピーを保存するようにルーターを設定することができます。関連するルーティングエンジンの/var/log/pfedBackupディレクトリにファイルが保存されます。マスタールーティングエンジンのファイルのみを保存するか、master ルーティングエンジンとバックアップ (スレーブ) の両方からファイルを保存するかを指定する必要があります。ルーティングエンジン

/var/log/pfedBackupディレクトリに保存されるファイルは常に圧縮されており、 compress文が設定されているかどうかに関係なく、ローカルストレージを節約できます。

障害発生時にローカルバックアップを構成するには、次のようにします。

  • ローカルバックアップと保存するファイルを指定してください。

この機能を無効にすると、バックアップしたアカウンティングファイルがディレクトリから削除されます。

このオプションを設定しない場合は、アーカイブサイトのリストで最後のサイトとして指定されたローカルディレクトリに障害が発生したときに、ファイルが保存されます。

圧縮するファイルの設定

デフォルトでは、アカウンティングファイルは非圧縮形式で転送されます。転送中やアーカイブサイトでリソースを節約するために、ファイルの圧縮を設定できます。

/var/log/pfedBackupディレクトリに保存されるファイルは常に圧縮されており、 compress文が設定されているかどうかに関係なく、ローカルストレージを節約できます。

アカウンティングファイルを転送時に圧縮するようにルーターを設定するには、以下のようにします。

  • 圧縮を指定します。

最大ファイル数の設定

最大ファイル数を設定するには、次のようにします。

  • 番号を指定します。

ログファイルが最大サイズに達すると、ログファイルのfilename.0数がfilename.1上限に達するまで、名前が変更されてから、その後、その後になる場合があります。その後、最も古いログファイルが上書きされます。最小値numberは3で、デフォルト値は10です。

ファイルの保存場所を設定しています

J シリーズサービスルーターでは、これらのファイルはデフォルトでコンパクトフラッシュドライブに保存されます。または、コンパクトフラッシュドライブ上のmfs/var/logcf/var/logディレクトリではなく、(DRAM 上の) ディレクトリにファイルを保存するように設定することもできます。

DRAM 上のストレージロケーションを設定するには、次のようにします。

  • 非永続ストレージを指定します。

この機能は、ルーター’のコンパクトなフラッシュドライブでの読み取り/書き込みトラフィックを最小限に抑えるのに役立ちます。

アカウンティングデータ用のログファイルが DRAM に保存されている場合、これらのファイルはルーターを再起動すると失われます。これらのファイルを定期的にバックアップすることをお勧めします。

Mastership の変更後に保存するファイルの設定

マスターシップの変更が発生した場合に、新しいバックアップルーティングエンジンから新しいマスタールーティングエンジンにアカウンティングファイルを保存するようにルーターを設定できます。これらのファイルはルーターの/var/log/pfedBackupディレクトリに格納されています。Master ルーティングエンジンには、バックアップディレクトリから次回の転送間隔でアーカイブサイトにファイルを転送するときに、これらのアカウンティングファイルとそれ自体の現在のアカウンティングファイルが含まれています。新しいバックアップルーティングエンジンがアーカイブサイトに接続できない場合は、このオプションを設定します。たとえば、サイトが帯域外インターフェイスで接続されていない場合や、サイトへのパスがラインカードを介してルーティングされている場合です。

マスターシップの変更時に保存するバックアップルーティングエンジンファイルを設定するには、次のようにします。

  • バックアップを指定します。

マスタールーティングエンジン上’のバックアップルーティングエンジンのファイルは、ファイルが同じままであっても、各間隔で送信されます。これよりもアクティビティが多い場合は、代わりにbackup-on-failure master-and-slaveステートメントを使用することをお勧めします。

ファイル転送の開始時刻の設定

ファイル転送の開始時刻を設定するには、次のようにします。

  • 時刻を指定します。

たとえば、10:00 午前1月30日、2007はとし2007-01-30.10:00て表されています。

ファイルの転送間隔の設定

ファイルの転送間隔を設定するには、次のようにします。

  • 間隔を指定します。

範囲transfer-intervalは 5 ~ 2880 分です。デフォルトは 30 分です。

ヒント

Junos OS は、既存のログファイルを保存し、以下の場合にかかわらず、設定された転送間隔で新しいファイルを作成します。

  • ファイルが最大サイズに達しました。

  • アーカイブサイトが設定されています。

比較的小規模な転送間隔を設定していて、アーカイブサイトが設定されていない場合、ログファイルが最大数に達したときにログファイルが上書きされるため、データが失われる可能性があります。 Junos OS します。ログ情報がかなり長い時間で保存されるようにするには、以下のようにします。

  • 新しいログファイルが作成されるたびにログファイルをアーカイブするようにアーカイブサイトを構成します。

  • 最大値 (2880 分) transfer-intervalを設定して、新しいファイルの作成頻度を下げることができます。つまり、ファイルが最大サイズ制限を超えた場合、または2日で1回だけである場合に限られます。