Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ロードバランシングのための、RSVP および LDP Lsp 用の ECMP ネクストホップの構成

 

Junos OS は、拡張 CFEB、M320、M120、MX シリーズ、T Series ルーター、ルーティングデバイスを使用した、M10i ルーターでの RSVP および LDP Lsp のための16、32、または64の同等コストのマルチパス (ECMP) の次ホップをサポートします。大量のトラフィックを扱うネットワークでは、トラフィックを最大 64 Lsp まで負荷分散するための柔軟性が向上しています。

ECMP の次のホップ数の上限を設定するにmaximum-ecmp next-hopsは、 [edit chassis]階層レベルのステートメントを追加します。

この文を使用して、ECMP の最大ホップ数を16、32、または64に設定することができます。デフォルトの最大数は16です。

1台以上のモジュラーポートコンセントレーター (MPC) カードと Junos OS 11.4 またはそれ以前にインストールされた MX シリーズルーターはmaximum-ecmp 、16番目のホップのみを使用してステートメントの設定をサポートします。このステートメントは、 maximum-ecmp 32 または64の次ホップで構成しないでください。32または64の次ホップで構成をコミットすると、次の警告メッセージが表示されます。

Error: Number of members in Unilist NH exceeds the maximum supported 16 on Trio.

次のタイプのルートは、最大 64 ECMP ゲートウェイに対して ECMP maximum ホップ構成をサポートしています。

  • ダイレクトおよび間接のネクストホップ ECMPs を使用した静的な IPv4 および IPv6 ルート

  • 関連する IGP ルートによって学習した LDP の入口および伝送ルート

  • Lsp に対して作成された RSVP ECMP の次ホップ

  • OSPF IPv4 および IPv6 ルート ECMPs

  • IS-IS IPv4 および IPv6 ルート ECMPs

  • EBGP IPv4 および IPv6 ルート ECMPs

  • IBGP (IGP ルート経由で解決する) IPv4 および IPv6 ルート ECMPs

最大 64 ECMP の次ホップの拡張された ECMP の制限は、レイヤー 3 Vpn、レイヤー 2 Vpn、レイヤー2回線、VPLS サービスにも適用できます。これは、MPLS ルートで利用可能な ECMP パスをそのようなトラフィックでも使用できるため、MPLS ルート上で解決します。

M320、T640、T1600 ルーターに搭載されている次の FPCs は、16個の ECMP 次ホップのみをサポートします。

  • (M320、T640、T1600 ルーターのみ)拡張された II FPC1

  • (M320、T640、T1600 ルーターのみ)拡張された II FPC2

  • (M320 と T640 ルーターのみ)拡張された II FPC3

  • (T640 と T1600 ルーターのみ)FPC2

  • (T640 と T1600 ルーターのみ)FPC3

これらの FPCs がインストールされている32場合64 、M320、T640、または T1600 ルーターで ecmp の最大ホップリミットを設定すると、これらの Fpcs のパケット転送エンジンは、最初の16個の ecmp のネクストホップのみを使用します。16個の ECMP のネクストホップのみをサポートする FPCs のパケット転送エンジンの場合、Junos OS は、ECMP の32次ホップ制限が設定され64ていると、システムログメッセージを生成します。ただし、ルーターにインストールされている他の FPCs にパケット転送エンジンがある場合は、 32最大64構成の ecmp limit または ecmp の次ホップが適用されます。

RSVP Lsp が帯域幅割り当てで構成されている場合、16個以上の Lsp を持つ ECMP の次ホップには、トラフィックは設定された帯域幅に基づいて最適に分散されません。割り当てられた帯域幅の小さい Lsp は、より多くのトラフィックを高い帯域幅で構成しています。トラフィックの分散は、設定された帯域幅の割り当てに厳密には準拠していません。この注意事項は、以下のルーターに適用されます。

  • 拡張性の FPC1、拡張 FPC2、拡張 FPC3、拡張拡張 FPC 4、およびすべてのタイプ4のすべての FPCs に拡張機能が搭載された T1600 と T640 ルーター

  • 強化された iii FPC1、強化された iii FPC2、強化された III FPC3 を搭載したルーター M320

  • MX シリーズルーター (MPCs を除くすべてのタイプの FPCs と Dpc を含む) この注意は、Junos Trio チップセットをベースにしたラインカードを使用した MX シリーズルーターには適用できません

  • タイプ1、タイプ2、タイプ3の FPCs でルーターを M120

  • M10i ルーターと拡張 CFEB

次ホップの複製と順列は、拡張された拡張機能を搭載した T Series ルーター (拡張拡張対応 Pc) によって無効になっています (拡張性の強化 FPC1、拡張スケール FPC2、拡張スケール FPC3、拡張スケール・ FPC 4) をサポートしています。その結果、高度に拡張されたシステムにおいて、ECMP または集約型のインターフェイスに多くのネクストホップがある場合、メモリの利用率が低下します。次ホップの複製と順列も、タイプ4の FPCs を使用する T Series ルーターでは無効になっています。

ECMP の次のホップの詳細を表示するにはshow route 、コマンドを発行します。またshow route summary command 、最大 ecmp 制限の現在の構成も示しています。ECMP LDP パスの詳細を表示するには、 traceroute mpls ldpコマンドを発行します。

関連項目