Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ルートフラップを回避するための BGP 静的ルートの構成

 

BGP 静的ルートは、顧客のネットワークへのルートがフラップになっていないことを保証するように構成されています。構成された BGP 静的ルートは、BGP 以外の他のプロトコルによって通知されることはありません。BGP 静的ルートはグローバルに構成されていますが、各近隣ノード、グループ、またはすべての近隣ノードは、それらを受信するように明示的に設定する必要があります。ピアルーターは、これらのルートの広告を受信します。これらのルーティング情報は、広告ルーターがこれらのプレフィックスに対して学習しています。構成には、BGP 静的ルートをいくつでも指定できます。また、ポリシーを定義して、アドバタイズする必要がある BGP 静的ルートを指定することもできます。

BGP 静的ルートを構成する前に、以下を実行します。

  1. IGP と BGP のプロトコルが設定され、動作していることを確認します。
  2. 構成する BGP 静的ルートが、顧客のルーターの背後にあることを確認します。

    BGP が BGP 隣接ノードに到達するために使用するプリフィックスに BGP 静的ルートを使用しないでください。

BGP 静的ルートを構成するには、次のようにします。

  1. このような顧客のために静的なパスを宣伝するには、BGP ネットワーク上のお客様のルーターに対して BGP 静的ルートを構成します。

    また、必要に応じて、パス、色、コミュニティー、タグ、設定など、その他の構成オプションも設定できます。

  2. BGP 静的ルートアドバタイズメントを受信する BGP グループまたは BGP の近隣ノードを設定します。

    また、BGP ネットワーク上のすべてのホストで BGP 静的な提供情報を受信する場合は、このステートメントをグローバルレベルで設定することもできます。

  3. ナ特定の BGP 静的ルートをアドバタイズする必要があるかどうかを制御する追加のエクスポートポリシーを指定します。

    ポリシーは、アクティブなルートではなく、BGP 静的ルートに適用されます。

  4. 定義されたポリシーを BGP グループまたは近隣ノードに適用します。