Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

BGP ヘルパールーターまたはピアに通知します。すべてのアドレスと特定のアドレスファミリに対して転送状態ビットを構成することで、ルートを保持することについて説明します。

 

Junos OS は、BGP のグレースフルリスタート機能を使用してルーティング情報が維持されている期間よりも、失敗した BGP ピアから長期間にわたって BGP ルーティングの詳細を維持するメカニズムをサポートしています。

BGP セッションがダウンし、セッションが再確立される前に、古いルートは最大2回まで保持されます。これにより、再開時間と長期間存続している古くなった時刻パラメーターで制御します。最初の期間におけるルーティングの変更は防止されますが、ブラックホーリングのトラフィックが発生する可能性があります。2つ目の期間中、考えられるトラフィックのブラックホーリングは減少しますが、ルーティングの変更はネットワーク全体に可視化されます。ネットワーク環境では、特定のアプリケーションに関連するパラメーターの設定は、トレードオフ、ネットワークダイナミクス、および潜在的な障害シナリオについて考慮する必要があります。必要に応じて、最初の期間は、ローカル設定によって、または正常な再起動の時間をゼロに設定することにより、アドレスファミリインジケーター (AFI) とそれに続くアドレスファミリ識別子 (SAFI) を列挙することによって省略することができます。性能.

F ビットの設定 (および付属する GR 機能の「転送状態」ビット) は、導入時の考慮事項によって異なります。F ビットは、ヘルパールーターが関連付けられたルートをフラッシュする必要があることを示すものです (ビットがクリアされている場合)。LLGR が使用されている重要なシナリオは、従来のルーティング (トンネルベースのルーティングではなくホップバイホップフォワーディング) よりも構成が類似するルートを対象としています。そのようなルートの場合は、他の考慮事項に関係なく、常に F ビットを設定すると便利です。同様に、転送プレーンに関与しない、専用ルートリフレクタなどの制御プレーンのみのエンティティについては、F ビットが常に設定されるようにしておくことをお勧めします。全体的に言えば、再起動するルーターで状態が失われた場合、転送ループやブラックホールが適度に発生すると予想される場合は、状態が保持されているかどうかに応じて F ビットを慎重に設定する必要があります。導入のニーズと設定に基づいて、F ビットを設定する必要があるかどうかを決定できます。CE がこの仕様をサポートしていない場合でも、一部の VPN 導入では、古くなったルートを CE に通知することが必要になる場合があります。このようなシナリオでは、このようなルートを提供するように PE を設定するネットワーク事業者は、ルートを受信する CE のオペレーターに通知する必要があります。また、CE はルートを設定しないように設定されている必要があります。通常、BGP 実装では、LLGR_STALE コミュニティーを照合してこの動作を実行し、LOCAL_PREF をゼロに一致させるルートに設定します。

転送ステートビットを指定することもできます。これは、グローバル、グループ、および近隣レベルで定義できる BGP 構成オプションで、論理システムまたはルーティングインスタンスに対しては任意です。グローバル、BGP グループ、または BGP の近隣レベルで転送状態ビットを指定するにはforwarding-state-bit (as-rr-client | from-fib) 、ステートメントを[edit protocols bgp graceful-restart][edit protocols bgp group-group-name graceful-restart]、また[edit protocols bgp group-group-name neighbor neighbor-address graceful-restart]は階層レベルに含めます。フォワーディング状態ビット属性は、転送状態ビットが、グレースフルリスタートと長期間のグレースフルリスタート機能の広告の両方でどのように設定されているかを制御します。デフォルトでは、この値は、近隣ノードがルートリフレクタクライアントであるかどうかによって異なります。近隣がルートリフレクタクライアントでない場合は、RFC 4724 に準拠した関連 FIB の状態に従って値が設定されます。近隣がルートリフレクタクライアントである場合、この値は、inet ユニキャストと inet6 ユニキャスト以外のすべてのシリーズで1に設定されます。これには、関連付けられた FIB の状態を使用します。このas-rr-clientオプションは、すべてのアドレスファミリーの動作をルートリフレクタクライアントの機能と同じに設定します。このfrom-fibオプションは、ルートリフレクタ以外のクライアントの場合と同様に、すべてのアドレスファミリの動作を強制的に実行します。

グローバルレベルで転送状態フラグネゴシエーションを構成するには、次のようにします。

グループレベルで転送状態フラグのネゴシエーションを構成するには、次のようにします。

近隣またはピアグループレベルで転送状態フラグネゴシエーションを構成するには、次のようにします。

転送状態ビットのグローバル設定のほかに、転送状態ビット動作は個々のシリーズに対して指定できます。転送状態ビットの設定を変更しても、既存のセッションに影響を与えることはありません。特定のアドレスファミリーの転送状態ビットを指定するには、 forwarding-state-bit (set | from-fib)論理システムと[edit protocols bgp graceful-restart family address-family subsequent-address-family]ルーティング[edit protocols bgp group-group-name graceful-restart family address-family subsequent-address-family]インスタンスに[edit protocols bgp group-group-name neighbor neighbor-address graceful-restart family address-family subsequent-address-family]ある、またはの階層レベルにステートメントを含めます。ファミリごとに BGP 設定オプションが追加され、転送状態ビットは、グレースフルリスタートおよび長期のグレースフルリスタート機能広告で制御できます。これらは、デフォルトの論理システムに対して、または特定の論理システムに、またはマスタールーティングインスタンスや特定のルーティングインスタンスに対して指定できます。このper-family forwarding-state-bit属性によって、転送状態ビットを設定するためのデフォルトのルールまたはグローバル構成が上書きされます。このset オプションは、転送状態ビットを強制的に1に設定します。このfrom-fibオプションを指定すると、値は関連する FIB の状態に従って設定されます。ファミリごとの転送状態ビットの設定を変更しても、既存のセッションに影響はありません。

完全な構成階層レベルは以下のとおりです。アドレスファミリごとforwarding-state-bit (set | from-fib)に転送状態ビットを設定するステートメントを含めることができます。

論理システムまたはルーティングインスタンスのグローバルレベルで、アドレスファミリごと、および後続のアドレスファミリごとに BGP の転送状態ビットを構成するには、以下のようにします。

論理システムのグローバルレベルでのアドレスファミリーごとの転送状態ビットの設定

ルーティングインスタンスのためのグローバルレベルでのアドレスファミリーごとの転送状態ビットの設定

論理システムまたはルーティングインスタンスの BGP のグループレベルで、アドレスファミリごと、および後続のアドレスファミリに BGP て、転送状態ビットを構成するには、次のようにします。

論理システムの BGP グループレベルでのアドレスファミリごとの転送状態ビットの構成

ルーティングインスタンスの BGP グループレベルでの、アドレスファミリごとの転送状態ビットの構成

1つの論理システムまたはルーティングインスタンスの BGP 近隣グループレベルで、アドレスファミリごと、および後続のアドレスファミリごとに転送状態を BGP に設定するには、次のようにします。

論理システムの BGP 近傍グループレベルでのアドレスファミリーごとの転送状態ビットの構成

ルーティングインスタンスの BGP 近傍グループレベルでのアドレスファミリーごとの転送状態ビットの構成