Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

アグリゲートイーサネットリンク速度の設定

 

集約型イーサネットインターフェイスでは、バンドルに含まれるすべてのインターフェイスに対して、必要なリンク速度を設定できます。一般に、バンドルを構成するすべてのインタフェースは同じ速度でなければなりません。集約型イーサネットインターフェイスに、 link-speedパラメーターで指定した速度とは異なる速度の個々のリンクが含まれている場合は、エラーメッセージがログに記録されます。ただし、例外があります。

Junos OS リリース13.2 から始めると、アグリゲート型イーサネットでは、T640、T1600、T4000、および TX Matrix + ルーター上で、割合と混合モードを混在させることができます。たとえば、次のような混在がサポートされています。

  • 10ギガビットイーサネットリンク用に、さまざまなモード (WAN および LAN) のメンバーリンクを挙げています。

  • 次のように、さまざまな速度でメンバーリンクを行います。10ギガビットイーサネット、40ギガビットイーサネット、50ビットイーサネット、100ギガビットイーサネット、OC192 (10 ギガビットイーサネット WAN モード)

Junos OS リリース 14.1 R1 および14.2 から始めると、集合的なイーサネットバンドルでのレートのサポートが、MX240、MX480、MX960、MX2010、MX2020 ルーターに拡大されます。

Junos OS リリース14.2 から始めると、アグリゲート型イーサネットで PTX シリーズパケットトランスポートルーターでの混合リンク速度がサポートされます。

  • 50ギガビットイーサネットのメンバーリンクは、CFP (PD-1CE-CFP-FPC4) を使用して、100ギガビットイーサネット PIC の50ギガビットイーサネットのインターフェイスを使用してのみ、設定することができます。

  • Junos OS リリース13.2 から始める100ギガビットイーサネットメンバーリンクは、CFP を使用した100ギガビットイーサネット PIC の 2 50 ギガビットイーサネットインターフェイスを使用して設定できます。この100ギガビットイーサネットメンバーリンクは、他のインターフェイスのメンバーリンクを含む集約されたイーサネットリンクに含めることができます。リリース13.2 より前のリリースで Junos OS は、100ギガビットイーサネット PIC の 2 50 ギガビットイーサネットインターフェイスを使用して構成されている100ギガビットイーサネットメンバーリンクを、その他のメンバーリンクを含むアグリゲートイーサネットリンクに含めることはできません。インターフェイス.

T640、T1600、T4000、TX Matrix Plus、および PTX ルーターで、比率と混合モードの混在するメンバーリンクを構成するには、 mixed [edit interfaces aex aggregated-ether-options link-speed] ステートメントのオプションを構成する必要があります。

必要なリンク速度を設定するには、次のようにします。

  1. アグリゲート型イーサネットオプションを構成することを指定します。
  2. リンク速度を設定します。

    speed1秒あたりのビット数は、完全な10進数または10進数の後にk省略 (1000)、 m (100万)、またはg (10億) のいずれかで指定できます。

    M120 ルーター上の集約型イーサネットインターフェイスは、以下のいずれかの速度を実現できます。

    • 100m—リンクは 100 Mbps です。

    • 10g—リンクは 10 Gbps です。

    • 1g—リンクは 1 Gbps です。

    • oc192—リンクは OC192 または STM64c です。

    EX シリーズスイッチ上のイーサネットリンクは、以下のいずれかの速度で動作するように設定できます。

    • 10m—リンクは 10 Mbps です。

    • 100m—リンクは 100 Mbps です。

    • 1g—リンクは 1 Gbps です。

    • 10g—リンクは 10 Gbps です。

    • 50g—リンクは 50 Gbps です。

    T Series、MX シリーズ、PTX シリーズルーター、QFX5100、QFX10002、QFX10008、QFX10016 スイッチの集約型イーサネットリンクは、以下のいずれかの速度で動作するように設定できます。

    • 100g—リンクは 100 Gbps です。

    • 100m—リンクは 100 Mbps です。

    • 10g—リンクは 10 Gbps です。

    • 1g—リンクは 1 Gbps です。

    • 40g—リンクは 40 Gbps です。

    • 50g—リンクは 50 Gbps です。

    • 80g—リンクは 80 Gbps です。

    • 8g—リンクは 8 Gbps です。

    • mixed—リンクにはさまざまな速度があります。

    • oc192—リンクは OC192 です。

Release History Table
リリース
説明
Junos OS リリース14.2 から始めると、アグリゲート型イーサネットで PTX シリーズパケットトランスポートルーターでの混合リンク速度がサポートされます。
Junos OS リリース 14.1 R1 および14.2 から始めると、集合的なイーサネットバンドルでのレートのサポートが、MX240、MX480、MX960、MX2010、MX2020 ルーターに拡大されます。
Junos OS リリース13.2 から始めると、アグリゲート型イーサネットでは、T640、T1600、T4000、および TX Matrix + ルーター上で、割合と混合モードを混在させることができます。
Junos OS リリース13.2 から始める100ギガビットイーサネットメンバーリンクは、CFP を使用した100ギガビットイーサネット PIC の 2 50 ギガビットイーサネットインターフェイスを使用して設定できます。