Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

RSVP のグレースフルリスタートの用語

 Symbols  

Symbols

再起動までの 時間 (ミリ秒)

デフォルト値は 6万 ミリ秒 (1 分) です。再起動時間は hello メッセージで通知されます。この時間は、近隣がルーターの停止と消去の状態を宣言する前に、再起動ルーターから hello メッセージを受信するまでの期間を示します。

Junos OS は、その時刻が’ローカルの再起動時刻の3分の1よりも大きい場合に、近傍で通知された再起動までの時間を上書きできます。たとえば、デフォルトの再起動時間を 60 秒に設定すると、ルーターは 、再起動した近隣からの hello メッセージを受信して20秒以下に待機します。再起動時間がゼロの場合、再起動した近隣ノードは即座に dead として宣言できます。

復旧時間 ( ミリ秒)

再起動の前に、制御チャネルが稼働している場合 (hello exchange が完了している場合) にのみ適用されます。Nodal の障害にのみ適用されます。

正常な再起動が進行している場合は、回復を完了するまでの残り時間が通知されます。その他の場合、この値はゼロになります。アドバタイズされた最大の復旧時間は、2分 (12万ミリ秒) です。

復旧時には、ノードの再起動によって、失われた状態を回復し、その近隣からの支援を試みます。再起動ノードの隣接ノードは、回復ラベル付きの path メッセージを、復旧時間の半分の期間内に再起動して送信する必要があります。再起動ノードは、公表されている復旧時間が過ぎると、正常なリスタートが完了したと見なします。