Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

BGP パス選択について

 

ルーティングテーブル内の各プレフィックスに対して、ルーティングプロトコルプロセスが1つの最適なパスを選択します。最適なパスを選択すると、ルートがルーティングテーブルにインストールされます。最適なパスは、同じプレフィックスがグローバル優先値 (より優先される) を使用したプロトコルによって学習されない場合、アクティブルートになります。これは管理距離とも呼ばれます。アクティブルートを決定するアルゴリズムは、以下のとおりです。

  1. 次ホップを解決できることを確認します。
  2. 最小の優先値 (ルーティングプロトコルプロセスの設定) でパスを選択します。

    転送に使用される資格を持たないルート (たとえば、ルーティングポリシーによって拒否された、または next-hop にアクセスできないため) に–は、1の優先度が設定されます。これは選択できません。

  3. より高いローカル優先度でパスを好むことを望んでいます。

    BGP 以外のパスの場合は、最も低いパスを選択します。 preference2金額.

  4. 蓄積された内部ゲートウェイプロトコル (AIGP) 属性が有効になっている場合、下位の AIGP 属性を使用してパスを優先します。
  5. 最短自律システム (AS) path 値を使用してパスを優先しますas-path-ignore (文が設定されている場合はスキップされます)。

    コンフェデレーションセグメント (シーケンスまたはセット) は、パスの長さが0になっています。AS set は、パスの長さが1になっています。

  6. 下位コードを使用してルートを希望します。

    IGP から学習したルートは、外部ゲートウェイプロトコル (EGP) から学習したものよりも下位のコードを持ち、その両方が不完全ルート (送信元が不明なルート) よりも低い送信元コードを持っています。

  7. 、最小のマルチ出口識別子 (MED) メトリックを使用してパスを希望します。

    非決定的なルーティングテーブルパス選択動作が設定されているかどうかに応じて、以下の2つのケースが考えられます。

    • 不明確なルーティングテーブルパス選択動作が設定されていない場合 ( path-selection cisco-nondeterministicつまり、このステートメントが BGP の構成に含まれていない場合)、AS path の正面にある番号と同じ隣接するパスについては、最小の MED でパスを優先してください。法. 比較したルートのピアが同じであるかどうかにかかわらず、すべての MEDs path-selection always-compare-medを常に比較するには、ステートメントを含めます。

    • 不明確なルーティングテーブルパス選択動作が設定されている場合path-selection cisco-nondeterministic (つまり、そのステートメントが BGP 構成に含まれている場合)、最小の MED メトリックでパスを優先します。

    Confederations は、隣接したものを決定する際には考慮されません。Med-v が存在していないかのように扱われますが、ゼロはありません。

    MED 比較では、AS 内で単一のパスを選択できます (ルートに AS path が含まれていない場合)。しかし、この使用は一般的ではありません。

    デフォルトでは、同一のピア自律システム (「含む」) を持つルートの MEDs のみが比較されます。ルーティングテーブルのパス選択オプションを設定して、さまざまな動作を取得することができます。

  8. IGP ルートとローカルで生成されたルート (静的、直接、ローカルなど) を含む、完全な内部パスを推奨します。
  9. 内部 BGP (IBGP) セッションを通じて学習した外部パス上では、外部 BGP (EBGP) パスを厳密にしておくことをお勧めします。
  10. 最も低いメトリックを持つ IGP ルートを介して、次のホップが解決されるパスを希望します。

    パスは BGP 同等のコストのパスと見なされ (転送に使用されます)、前のステップの後に改行が行われた場合にはそれが実行されることになります。マルチパス対応 BGP の近傍によって学習された、同一の隣接しています。

    BGP マルチパスは、同じ MED + IGP コストを共有するパスには適用されません。ただし、IGP コストの点では異なります。2つのパスが同じ MED + IGP のコストを持つ場合でも、マルチパスパスの選択は IGP コストメトリックに基づきます。

    BGP は、IGP メトリックのタイプを比較rt_metric2_cmpしてから、メトリック値自体を比較します。たとえば、IGP で解決される BGP ルートは、廃棄または拒否された次ホップのタイプRTM_TYPE_UNREACHであることを推奨します。このようなルートinactiveは、そのmetric-typeために宣言されています。

  11. 両方のパスが外部にある場合は、現在アクティブなパスでルートのフラッピングを最小化します。以下のいずれかの条件に該当する場合、このルールは使用されません。
    • path-selection external-router-idが設定されています。

    • どちらのピアも同じルーター ID を持っています。

    • どちらのピアもコンフェデレーションピアです。

    • どちらのパスも現在アクティブなパスではありません。

  12. 2つ目のルートを経由したプライマリルートを好みます。1つ目のルートは、ルーティングテーブルに属するものです。2つ目のルートとは、エクスポートポリシーを使用してルーティングテーブルに追加されたルーティングのことです。
  13. ルーター ID が最も低いピアからのパスを希望します。オリジネータ ID 属性を持つパスについては、ルーター ID の比較時にルーター ID のオリジネータ ID を置き換えます。
  14. 最も短いクラスターリストの長さでパスを希望します。長さはリスト なしの場合は0です。
  15. ピアから最小のピア IP アドレスへのパスを希望します。

ルーティングテーブルのパス選択

デフォルトでは、アルゴリズムのパスの最短の段階では、AS path の長さが評価され、アクティブなパスが決定されます。Junos OS を有効にするオプションを設定して、アルゴリズムのこの手順を省略することもできます。 as-path-ignoreボタン.

Junos OS リリース 14.1 R8、14.2 R7、15.1 R4、15.1 F6、16.1 R1 をはじめ as-path-ignoreルーティングインスタンスでは、このオプションがサポートされています。

ルーティングプロセスのパス選択が行われるのは、ルーティングテーブルへのパスを BGP、その決定を行う前です。ルーティングテーブルのパス選択動作を設定するにpath-selectionは、以下のステートメントを含めます。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。

ルーティングテーブルのパス選択は、以下のいずれかの方法で設定できます。

  • Cisco IOS のデフォルト動作をエミュレートします (cisco-non-deterministic)。このモードでは、ルートを受信した順に評価し、それを近隣としてグループ化することはありません。Mode cisco-non-deterministicを使用すると、アクティブなパスが常に先になります。非アクティブなすべてのパスはアクティブパスに従っており、受信した順に維持されます。これは、最新のパスになります。リストの末尾には、不適合パスが残ります。

    例として、192.168.1.0/24 ルートの3つの path 広告があるとします。

    • EBGP—から学習したパス165010のパスとしてMED 200

    • パス 2—は、ibgp から学習しました。65020のパスとしてMED 150;IGP のコスト5

    • パス 3—は、ibgp から学習しました。65010のパスとしてMED 100;10の IGP コスト

    これらの広告は、リストされている順に、1つ目のものから順番に受信されます。パス3は最近受信されたので、ルーティングデバイスはそれを2つ目の最新の提供情報と比較します。IBGP ピアへのコストはパス2に適しているため、ルーティングデバイスによって競合からパス3が不要になります。パス1と2を比較する場合、ルーティングデバイスは EBGP ピアから受信したパス1を優先します。これにより、ルーティングデバイスがパス1をルートのアクティブパスとしてインストールできるようになります。

    お客様のネットワークでは、この設定オプションを使用しないことをお勧めします。ネットワーク内のすべてのルーティングデバイスで一貫したルート選択を可能にするために、相互運用性のためだけに提供されています。

  • 比較したルートのピアの通しが同じであるかどうかにかかわらず、MEDs を常に比較します (always-compare-med)。

  • 両方のパスが外部にある場合は、現在のアクティブなパスが優先されます (external-router-id)。パス選択プロセスの次のステップ (ステップの12) に進みます。

  • パス選択 (med-plus-igp) の MED 値を比較する前に、IGP コストを MED 値に追加してから、次ホップの宛先に接続します。

    BGP マルチパスは、同一の MED + IGP コストを共有するパスには適用されませんが、IGP コストの点では異なります。2つのパスが同じ MED + IGP のコストを持つ場合でも、マルチパスパスの選択は IGP コストメトリックに基づきます。

BGP テーブルパスの選択

BGP のパス選択では、以下のパラメーターが使用されます。

  1. 最大のローカル優先値を優先します。
  2. 最短パスの長さを希望しています。
  3. 基準値は最小になります。
  4. 最小の MED 値を優先します。
  5. IBGP ピア上で EBGP ピアから学習したルートを優先します。
  6. を最優先にしてください。
  7. EBGP で受信したルートでは、現在アクティブなルートを優先します。
  8. ルーター ID が最も低いピアからのルートを優先します。
  9. 最も短いクラスターの長さでパスを優先します。
  10. ピアから最小のピア IP アドレスへのルートを優先します。ステップ2、6、12は RPD 基準です。

宛先への複数のパスのアドバタイズによる影響

BGP は、宛先に複数のパスをアドバタイズするように BGP を設定していない限り、アクティブパスのみをアドバタイズします。

ルーティングデバイスがルーティングテーブル内に宛先への4つのパスを持ち、最大3つのパスを提供するように設定されているとします (add-path send path-count 3)。パス選択基準に基づいて3つのパスが選択されます。つまり、パス選択順で3つの最適なパスが選択されます。最適なパスは、アクティブパスです。このパスは考慮対象から除外され、新しい最適なパスが選択されます。このプロセスは、指定された数のパスに到達するまで繰り返されます。

Release History Table
リリース
説明
Junos OS リリース 14.1 R8、14.2 R7、15.1 R4、15.1 F6、16.1 R1 をはじめ as-path-ignoreルーティングインスタンスでは、このオプションがサポートされています。