Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

MPC10E-15C-MRATE MPC のインターフェイス命名規則

 

Junos OS リリース 19.1 R1 では、MPC10E、MX480、MX960 のプラットフォームで、スロットあたり最大1.5 テラビットの帯域幅を提供できるようになっています。これにより、MX240 の c ・シリーズ (15x100G) が導入されています。MPC10E-15C シリーズは、MPC あたり3個のパケット転送エンジン (PFE) で構成されており、各 PFE は最大500Gbps のスループットを提供できます。MPC あたり3つの PICs、つまり PFE あたり 1 PIC、PIC あたり5個のポート (MPC あたり15ポート) をサポートします。各 PIC は、QSFP56-DD、QSFP28、QSFP + 光インターフェイスを使用して、400 Gbps、100 Gbps、40 Gbps、10 Gbps の速度をサポートする5xQSFP28 ポートを搭載しています。10 Gbps の速度は、ブレイクアウトケーブルを使用してサポートされています。

Junos OS リリース 19.4 R1 以降では、MPC10E-15C-MRATE のポート4で 400 Gbps の速度を構成できます。

  • MPC10E、MX480、MX960 ルーター MX240 でのみサポートされており、ルーターの MX2000 シリーズと MX10000 には対応していません。

  • MPC10E-15C-MRATE を設置する場合、MPC10E-15C シリーズをオンラインにするには、スイッチコントロールボード MX-SCBE3 がルーターに設置されている必要があります。

  • デフォルトでは、MPC10E-15C-MRATE ポートは、100ギガビットイーサネットポートとして設定されています。

10ギガビットイーサネットインターフェイスのインターフェイス名にはプレフィックス xe-を使用し、25、40、100の各インターフェイスのインターフェイス名には、プレフィックス et-が使用されます。1つの物理ポートで複数のインターフェイス (または IFDs) がサポートされている場合、コロン (:)インターフェイスの名前付け規則では、次のような表記が使用されています (例: 4x10GE インターフェイス) です。コロン (:)は、物理ポート内の複数のインターフェイスを区別するデリミターとして使用されます。

デフォルトでは、400ギガビットイーサネット、100ギガビットイーサネット、40ギガビットイーサネットインターフェイスは、et (fpc/pic/ポート形式) で表示されます。40ギガビットイーサネットインターフェイスが10ギガビットイーサネットインターフェイスとしてチャネライズドされている場合、インターフェイス名は、xe-fpc/pic/ポート: channel 形式で表示されます。チャネルは、0 ~ 3 の値になります。

インターフェイス名前付け規則 et-x/y/z および xe-x/y/z: [0-3]:

  • x は FPC スロット番号を示しています。

  • y は PIC スロット番号を示します。有効範囲は 0 ~ 2 です。

  • z は物理ポート番号を示します。有効範囲は 0 ~ 4 です。

表 1: MPC10E-15C-MRATE のインターフェイス名前付け規則

PIC

10ギガビットイーサネットインターフェイス

40ギガビットイーサネットインターフェイス

100ギガビットイーサネットインターフェイス

400ギガビットイーサネットインターフェイス

0

xe-x/0/0:[0-3]

et-x/0/0

et-x/0/0

-

xe-x/0/1:[0-3]

et-x/0/1

et-x/0/1

-

xe-x/0/2:[0-3]

et-x/0/2

et-x/0/2

-

xe-x/0/3:[0-3]

et-x/0/3

et-x/0/3

-

xe-x/0/4:[0-3]

et-x/0/4

et-x/0/4

et-x/0/4

1

xe-x/1/0:[0-3]

et-x/1/0

et-x/1/0

-

xe-x/1/1:[0-3]

et-x/1/1

et-x/1/1

-

xe-x/1/2:[0-3]

et-x/1/2

et-x/1/2

-

xe-x/1/3:[0-3]

et-x/1/3

et-x/1/3

-

xe-x/1/4:[0-3]

et-x/1/4

et-x/1/4

et-x/0/4

2

xe-x/2/0:[0-3]

et-x/2/0

et-x/2/0

-

xe-x/2/1:[0-3]

et-x/2/1

et-x/2/1

-

xe-x/2/2:[0-3]

et-x/2/2

et-x/2/2

-

xe-x/2/3:[0-3]

et-x/2/3

et-x/2/3

-

xe-x/2/4:[0-3]

et-x/2/4

et-x/2/4

et-x/0/4

Release History Table
リリース
説明
Junos OS リリース 19.4 R1 以降では、MPC10E-15C-MRATE のポート4で 400 Gbps の速度を構成できます。