Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

トラフィッククラス (損失)

 

構文

階層レベル

Release Information

文は Junos OS リリース 15.1 で導入されました。

説明

トラフィッククラス固有のオプションを構成します。

損失測定を実行する必要があるトラフィッククラスを指定します。このパラメーターは、次のいずれかのようになります。 tc-all|tc-0|tc-1|tc-2|tc-3|tc-4|tc-5|tc-6|tc-7|tc-noneトラフィッククラス値。各トラフィッククラスに対応するパラメーターを構成できます。

トラフィッククラスのパラメーターを有効にするにtraffic-class-statisticsは、階層レベル[edit protocol mpls statistic]の下で構成ステートメントを設定します。

オプション

平均-標本数-サイズ サンプルサイズナさまざまなメトリックの平均値の計算に使用するサンプル数を指定します。

デフォルト: 5

範囲: 1 ~ 30

損失-しきい値 損失しきい値指定されたウィンドウサイズ内でのloss-threshold-window損失の計算に使用するしきい値を指定します。

範囲: 1 ~ 4294967295

損失-しきい値ウィンドウ 損失しきい値のサンプル数損失のしきい値の計算に使用するサンプル数を指定します。

範囲: 1 ~ 30

測定数量 バイト | パケットナクエリクエリーでパケットやバイト損失が測定されるかどうかを指定します。

デフォルト: 送出

クエリ間隔 (最小送信間隔を指定します。これは、損失測定メッセージがクエリクエリーから生成される頻度を表します。

デフォルト: 10秒

範囲: 1000 ~ 4294967295 ミリ秒

必要な特権レベル

この—ステートメントを構成に表示するためにルーティングしています。

ルーティングコントロール—このステートメントを構成に追加します。