Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

traceoptions (アドレス割り当てプール)

 

構文

階層レベル

Release Information

Junos OS リリース 9.0 で導入された、アドレス割り当てプールのトレース用フラグ。

option-nameJunos OS リリース8.3 で導入されたオプションです。

EX シリーズスイッチの Junos OS リリース9.0 で導入された文。

説明

トレースオプションを構成します。

オプション

file filename—トレーシング操作の出力を受信するファイルの名前。名前は二重引用符で囲みます。すべてのファイルがディレクトリ/var/logに配置されます。

files number—ナトレースファイルの最大数。トレースファイルの名前trace-fileが最大サイズに達すると、トレースファイルtrace-file.0の数trace-file.1が上限に達するまで、名前が変更されてから、その後、その後になります。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。

最大ファイル数を指定する場合は、 sizeオプションとファイル名を使用して、最大ファイルサイズを指定する必要があります。

範囲: 2 ~ 1000

デフォルト: 3ファイル

flag flag—実行するトレース操作です。複数flagのトレース操作を指定するには、いくつかのステートメントを含めます。以下のフラグを含めることができます。

  • address-assignment—すべてのアドレス割り当てイベント

  • all—すべてのトレース操作

  • configuration—構成イベント

  • framework—認証フレームワークイベント

  • ldap—LDAP 認証イベント

  • local-authentication—ローカル認証イベント

  • radius—RADIUS 認証イベント

match regex—ナ正規表現を含む行を含むように出力を調整します。

no-world-readable—ナトレース操作の発信者のみへのアクセスを制限します。

size size—ナ各トレースファイルの最大サイズ (キロバイト (KB)、メガバイト (MB)、またはギガバイト (GB))。最大ファイルサイズを指定する場合は、 filesオプションとファイル名を使用して、最大数のトレースファイルも指定する必要があります。

構文: xkKB を指定するxm場合、MB を指定xgする場合、または GB を指定する場合は、

範囲: 10 KB ~ 1 GB

デフォルト: 128 KB

world-readable—ナ無制限のファイルアクセスを有効にします。

必要な特権レベル

管理—者は、このステートメントを構成で表示できます。

管理者は—このステートメントを設定に追加できます。