Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

トークン (DHCP ローカルサーバー)

 

構文

階層レベル

Release Information

文は Junos OS リリース10.0 で導入されました。

EX シリーズスイッチの Junos OS リリース 12.3 R2 で導入された文。

Junos OS リリース 10.4 [edit ... dhcpv6 ...]で導入された階層レベルでのサポート

説明

すべての DHCP クライアントにプレーンテキストトークンを設定するか、または指定されたインターフェイスのグループがサービスを提供する DHCP クライアントのみを構成します。このトークンは、意図せずインスタンス化された DHCP サーバーから保護するための初歩的なエンティティ認証を可能にします。Null トークン (空の文字列) は、構成トークン機能が有効になっていないことを示します。グループ構成は、DHCP ローカルサーバー構成よりも優先されます。トークンの詳細については、RFC 3118 を参照してください。 DHCP メッセージの認証、セクション4です。

オプション

token-value—プレーンテキストの英数字文字列。

デフォルト: null (空の文字列)

必要な特権レベル

この—ステートメントを表示するには、システムを設定してください。

このステートメントを—構成に追加するには、システム制御を行います。