Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

tlv フィルター

 

構文

階層レベル

Release Information

EX シリーズスイッチの Junos OS リリース18.3 で導入された文。

説明

リンクレイヤー発見プロトコル (LLDP) または LLDP Media Endpoint Discovery (LLEP-MED) プロトコルによってアドバタイズされてはいけないタイプ、長さ、値 (TLV) メッセージを選択します。LLDP 対応デバイスは、タイプ、長さ、値 (TLV) メッセージの情報を近傍デバイスに送信します。デバイス情報には、シャーシ、ポート識別、システム名、システム機能などの情報を含めることができます。

マルチベンダーネットワークでは、ネットワークデバイスに関する機密情報を含むことができるため、TLV メッセージを送信することが望ましくない場合があります。LLDP または LLDP を構成して、任意の必須ではない TLV メッセージを無効にすることができます。必須 TLVs: シャーシ id、ポート id、およびタイムツーリブ。

tlv-filter明細書を設定する際には、無効にする TLVs の比較を指定します。これは、すべてではありませんが、ほぼすべてを許可する場合に便利です。

また、このステートメントを使用してtlv-select 、tlvs 無効にすることもできます。Tlv ステートメントを構成する場合は、LLDP または LLDP によって提供される TLVs を指定します。その他のすべての必須の TLVs は無効になっています。

tlv-select And tlv-filterは相互に排他的であり、同じ設定スタンザで同時に使用することはできません。

デフォルト

既定で有効になっているのは、すべての LLDP を対象として設定されています。

オプション

以下のオプションは、[ tlv-filteredit protocols lldp] と [edit protocols lldp interface interface-name] の階層レベルで構成できます。

port-description—ユーザーが設定したポートの説明。

system-name—ローカルシステムのユーザー構成名。

system-description—ローカルシステムのユーザー構成名。

system-capabilities—システムによって実行される主な機能です。システムがサポートする機能が定義されています。たとえば、ブリッジやルーターなどです。この情報を設定することはできませんが、製品のモデルに基づいています。

management-address—ローカルシステムの IP 管理アドレス。

mac-phy-config-status—自動ネゴシエーションのステータスとサポート、MAU (中程度の添付ユニット) タイプなど、物理インタフェースに関する情報を通知します。

power-vi-mdi—MDI (media 依存インターフェイス) パワーサポート、PSE (電源供給装置) 電源ペア、電力クラス情報を通知します。

link-aggregation—ポートが集約されているか、集合ポート ID であるかどうかを通知します。

maximum-frame-size—LLDP フレームを送信しているインターフェイスの最大送信単位 (MTU)。

jnpr-chassis-serial—シャーシのシリアル番号。

jnpr-vcp—バーチャルシャーシポートを Juniper します。

port-vid—VLAN ポートで受信したタグなしまたは優先度タグ付きデータフレームに関連付けられるポート VLAN ID を示します。

vlan-name—デバイスに割り当てられている VLAN の名前を示します。

以下のオプションは、[ tlv-filteredit protocols lldp-med] と [edit protocols lldp-med interface interface-name] の階層レベルで構成できます。

ext-power-via-mdi—ポートの電源タイプ、電源ソース、電力の優先度、電源の値。ポートに電力の優先度を通知するには、PSE デバイス (ネットワーク接続デバイス) が責任を負っています。

location-id—エンドポイントの物理的な位置。

med-capabilities—ポートの主な機能。

network-policy—ポート VLAN 構成とそれに関連するレイヤー2およびレイヤー3の属性。属性には、ポリシー識別子、アプリケーションタイプ (音声やストリーミングビデオ、802.1 Q VLAN タグ、802.1 p 優先度ビット、Diffserv コードポイント) が含まれます。

必要な特権レベル

この—ステートメントを構成に表示するためにルーティングしています。

ルーティングコントロール—このステートメントを構成に追加します。