Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

再構成 (DHCP ローカルサーバー)

 

構文

階層レベル

Release Information

文は Junos OS リリース10.4 で導入されました。

説明

すべての DHCP クライアントの DHCP ローカルサーバーによって、または指定されたインターフェイスのグループがサービスを提供する DHCP クライアントのみ、動的再構成を有効にします。グループ構成は、DHCP ローカルサーバー構成よりも優先されます。

オプション

attempts number—再構成が失敗したと見なされるのは、すべての DHCP クライアント、または指定されたインターフェイスのグループがサービスを提供する DHCP クライアントのみを最大試行回数に設定します。グループ構成は、DHCP ローカルサーバー構成よりも優先されます。

範囲: 1 ~ 10 回

デフォルト: 8回試行

clear-on-abort —再構成が失敗したときに、すべての DHCP クライアントを削除するか、または指定したインターフェイスのグループによって処理された DHCP クライアントのみを消去する。つまり、最大試行回数が成功しなかった場合に発生します。グループ構成は、DHCP ローカルサーバー構成よりも優先されます。

strict —[再構成許可] オプションを含むパケットのみを許可するようにシステムを設定します。

timeout seconds—すべての DHCP クライアントを再構成するか、指定されたインターフェイスのグループがサービスを提供する DHCP クライアントのみを再構成するかの間に、初期値を秒単位で設定します。連続試行のたびに、試行の間隔が2倍になります。たとえば、最初の値が2の場合、最初の試行が失敗した後、1回目の再試行が2秒間試行されます。2回目の再試行は、最初の再試行が失敗してから4秒後に試行されます。3回目の再試行は、2度目の再試行が失敗した後、8秒後に試行されます。グループ構成は、DHCP ローカルサーバー構成よりも優先されます。

範囲: 1 ~ 10 秒

デフォルト: 2秒

token token-name—すべての DHCP クライアントにプレーンテキストトークンを設定するか、または指定されたインターフェイスのグループで指定されたクライアントのみを構成します。デフォルトは null (空の文字列) です。

trigger — DHCP 再設定トリガーを指定します。

必要な特権レベル

この—ステートメントを表示するには、システムを設定してください。

このステートメントを—構成に追加するには、システム制御を行います。