Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

静的バインディング

 

構文

階層レベル

Release Information

Junos OS リリース7.4 の前に導入された文。

EX シリーズスイッチの Junos OS リリース9.0 で導入された文。

説明

J シリーズサービスルーターと EX シリーズスイッチにのみ対応します。DHCP クライアントの静的バインドを設定します。静的バインドは、固定 IP アドレスとクライアント’s MAC アドレスまたはクライアント識別子との間のマッピングです。

オプション

mac-address—クライアントの MAC アドレス。これは、ネットワーク上のクライアントを一意に識別するハードウェアアドレスです。

fixed-address address—クライアントに割り当てられた固定 IP アドレス。通常、クライアントには1つのアドレスが割り当てられますが、さらに多くを割り当てることができます。

host-name client-hostname—DHCP サーバーを要求しているクライアントのホスト名。名前には、ローカルドメイン名を含めることができます。それ以外の場合は、 domain-nameステートメントに基づいて名前が解決されます。

client-identifier (ascii client-id | hexadecimal client-id)—DHCP サーバーがアドレスバインドのデータベースをインデックス化するために使用します。クライアント識別子は、ASCII 文字列または16進数で、RFC 1700 で指定されているタイプと値のペアを含むことができます。 割り当てられた番号。クライアント識別子またはクライアント’の MAC アドレスは、ネットワーク上のクライアントを一意に識別するように設定する必要があります。

必要な特権レベル

この—ステートメントを表示するには、システムを設定してください。

このステートメントを—構成に追加するには、システム制御を行います。