Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ショートサイクル保護 (DHCP ローカルサーバーおよびリレーエージェント)

 

構文

階層レベル

Release Information

MX シリーズルーター上で Junos OS のリリース18.2 に導入された文です。

説明

DHCP のショートサイクル保護を有効にして、高度に拡張されたネットワークにおける接続および認証の処理に関連するリソースの使用量を削減します。ロックアウト期間には、最小期間と最大期間の両方を設定する必要があります。

ルーターは短時間のクライアントセッションとクライアントを検知し、セッションネゴシエーションが繰り返し失敗した後、その後の DHCP discover をドロップするか、クライアントからメッセージを要請して、アクセスからロックアウトします。クライアント id (クライアントキー) によって追跡されるのは、DHCPv4 クライアントまたは DHCPv6 クライアントの DUID の場合は、MAC アドレスまたはその他の固有の値になることがあります。ロックアウトしたクライアントがロックアウトデータベースに入力されます。ロックアウトされたクライアントが猶予時間のしきい値に達する前に別のセッションを試みると、ロックアウトされます。後続のロックアウト期間は、最大ロックアウト期間まで急激に増加しています。猶予時間しきい値は、大きな値、900秒、設定された最大値のいずれかに自動的に設定されます。

オプション

ロックアウト-最大時間 ロックアウト期間の最大長。ロックアウト範囲の上限です。

範囲: 1 ~ 86400

ロックアウト-最短時間 ロックアウト期間の最小長。ロックアウト期間の下限。最小値は、クライアントの1番目のロックアウト期間の長さです。最大値よりも大きくすることはできません。これを最大値と同じにした場合、ロックアウト期間は固定され、その後のロックアウト時’には増加しません。

範囲: 1 ~ 86400

必要な特権レベル

インターフェース