Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

リレーエージェント-リモート id (DHCP ローカルサーバー)

 

構文

階層レベル

Release Information

文は Junos OS リリース9.6 で導入されました。

EX シリーズスイッチの Junos OS リリース 12.3 R2 で導入された文。

MX シリーズルーターの場合のみenterprise-idremote-id Junos OS リリース 12.3 r3 で導入されるオプションです。

MX シリーズルーターの場合のみ、 enterprise-idおよびremote-idオプションは、Junos OS リリース 12.3 r7、13.2 r4、13.3 r2、14.1 r1 から開始されます。

説明

加入者認証または DHCP クライアント認証プロセスで、クライアント PDU 名に含まれる DHCPv6 リレーエージェントのリモート ID オプション (オプション 37) をユーザー名と連結するように指定します。ユーザー名の ASCII バージョンを生成するために、ルーターは、オプション37のリモート id 部分のみをユーザー名に連結し、エンタープライズ番号を無視します。

必要な特権レベル

この—ステートメントを表示するには、システムを設定してください。

このステートメントを—構成に追加するには、システム制御を行います。