Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ラピッドコミット (DHCPv6 ローカルサーバー)

 

構文

階層レベル

Release Information

文は Junos OS リリース12.1 で導入されました。

EX シリーズスイッチの Junos OS リリース 12.3 R2 で導入された文。

説明

Dhcpv6 クライアントから送信されたメッセージを要請するための、ラピッド Commit オプション (DHCPv6 オプション 14) を認識するよう DHCPv6 ローカルサーバーを構成します。DHCPv6 ローカルサーバーと DHCPv6 クライアントの両方で高速コミットが有効になっている場合、標準の4メッセージハンドシェイクではなく、2つのメッセージハンドシェイクが使用されます。DHCPv6 ローカルサーバー上では、グローバル、名前付きのグループ、または特定のインターフェイスに対して、迅速なコミットサポートを実行できます。

デフォルト

ラピッドコミットサポートは有効ではありません。

必要な特権レベル

この—ステートメントを表示するには、システムを設定してください。

このステートメントを—構成に追加するには、システム制御を行います。