Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ポイントツーポイント (MVRP)

 

構文

階層レベル

Release Information

MX シリーズルーターの Junos OS リリース10.1 で導入された文。

EX シリーズスイッチの Junos OS リリース 12.3 R2 で導入された文。

Junos OS リリース 15.1 X49-D70 で導入されたステートメント。 SRX シリーズデバイス用。

説明

ナ複数の VLAN Registration Protocol (MVRP) 構成で、ポイントツーポイント接続として認識されるようにインターフェイスを構成します。指定された場合、MRP ステートマシンのポイントツーポイントのサブセットを使用して、ネットワークのコンバージェンスを高速化するためのシンプルで効率的な方法を提供します。MVRP がポイントツーポイント接続として認識されるように、インターフェイスを有効にするには、ポイントツーポイントを有効にする必要があります。

デフォルト

MVRP はデフォルトでは無効になっています。

デフォルトでは、ポイントツーポイントは無効になっています。

必要な特権レベル

この—ステートメントを構成に表示するためにルーティングしています。

ルーティングコントロール—このステートメントを構成に追加します。