Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

上書き (DHCP リレーエージェント)

 

構文

階層レベル

Release Information

文は Junos OS リリース8.3 で導入されました。

Junos OS リリース 11.4 [edit ... dhcpv6]で導入された階層レベルでのサポート

EX シリーズスイッチの Junos OS リリース12.1 で導入された文。

説明

拡張 DHCP リレーエージェントのデフォルト構成設定を上書きします。従属ステートメントoverridesを持たないステートメントを指定すると、その階層レベルでの DHCP リレーエージェントの上書きがすべて削除されます。DHCPv6 サポートを構成する[edit ... dhcpv6]には、階層レベルのステートメントを使用します。

M120 と M320 ルーターは、DHCPv6 をサポートしていません。

以下のステートメントは、および[edit ... dhcp-relay][edit ... dhcpv6]階層レベルの両方でサポートされています。

  • allow-snooped-clients

  • asymmetric-lease-time

  • delete-binding-on-renegotiation

  • dual-stack

  • interface-client-limit

  • no-allow-snooped-clients

  • no-bind-on-request

  • relay-source

  • send-release-on-delete

以下のステートメントは、 [edit ... dhcpv6]階層レベルでのみサポートされています。

  • asymmetric-prefix-lease-time

その他のすべてのステートメントは[edit ... dhcp-relay] 、階層レベルでのみサポートされます。

残りのステートメントは個別に説明されています。詳細については、 CLI エクスプローラーで文を検索するか、「シンタックス」セクションでリンクされた文をクリックします。

必要な特権レベル

この—ステートメントを構成で表示するインターフェイス。

このステートメントを—設定に追加するインターフェイスコントロールです。