Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

mac-学習-有効化

 

構文

階層レベル

Release Information

Junos OS リリース7.4 の前に導入された文。

Junos OS リリース15.1 で導入[edit interfaces aex aggregated-ether-options ethernet-switch-profile]された階層の下のステートメントをサポートします。

説明

Sfp を使用したギガビットイーサネット IQ およびギガビットイーサネット PICs (10 ポートギガビットイーサネット PIC と、M7i ルーター上の組み込みギガビットイーサネットポートを除く) MX シリーズルーターのギガビットイーサネット Dpc では、CFP を使用して100ギガビットイーサネットタイプ 5 PIC、MPC3E、MPC4E、MPC5E、MPC5EQ、MPC6E mpcs で、送信元と宛先の MAC アドレスの動的な学習を構成します。デフォルトでは、インターフェイスは、送信元と宛先の MAC アドレスを動的に学習することはできません。

構成したソースおよび宛先 MAC アドレスの動的な学習を無効にするには、構成mac-learn-enableから削除する必要があります。

MPCs は、インターフェイスが MAC ソースからのトラフィックを受信した場合にのみ、個々のインターフェイスまたは集合イーサネットインターフェイスメンバーリンクの MAC アドレスアカウンティングをサポートします。トラフィックがインターフェイスのみを抜けている場合、MAC アドレスは学習されず、MAC アドレスアカウンティングも発生しません。

必要な特権レベル

この—ステートメントを構成で表示するインターフェイス。

このステートメントを—設定に追加するインターフェイスコントロールです。