Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

ローカルアイデンティティ (セキュリティグループ VPN)

 

構文

階層レベル

Release Information

Junos OS リリースgroup-vpn 10.2 で追加された階層のサポート。

説明

通信を確立するために、宛先ピアと交換して exchange で送信するローカル IKE id を指定します。ローカルアイデンティティを設定していない場合、デバイスはデフォルトでローカルエンドポイントに対応する IPv4 を使用します。Group VPNv2 は、SRX300、SRX320、SRX340、SRX345、SRX550HM、SRX1500、SRX4100、SRX4200、SRX4600 の各デバイスおよび vSRX インスタンスでサポートされています。

オプション

  • hostname hostname—アイデンティティを完全修飾ドメイン名 (FQDN) として指定します。

  • inet ip-address—IPv4 アドレスとして id を指定します。

  • user-at-hostname e-mail-address—個人情報を電子メールアドレスとして指定します。

必要な特権レベル

この—ステートメントを構成で表示するセキュリティ

セキュリティ制御—によって、このステートメントを設定に追加します。