Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

layer2-活性検知 (送信)

 

構文

階層レベル

Release Information

Junos OS リリース 17.4 R1 で導入された文。

説明

ブロードバンドネットワークゲートウェイ (BNG) として動作するルーターを構成して、直接接続された DHCPv4 および DHCPv6 クライアントでホスト接続チェックを実行し、DHCP クライアントセッションの妥当性と状態を判断し、非アクティブなセッションをクリーンアップします。

BNG は、ARP または ND 要求パケットを各 DHCP クライアントに設定可能な間隔で送信し、応答を待機します。インターバルがタイムアウトする前にクライアントからの応答を受信した場合、タイマーが期限切れになると、クライアントに別の要求を送信します。

インターバルがタイムアウトになる前に BNG が応答を受信しない場合は、タイマーが30秒に設定され、別の要求が送信されるようになります。これは最初の再試行です。

30秒のインターバルがタイムアウトする前にクライアントからの応答を受信した場合、タイマーが満了すると、クライアントに別の要求を送信します。30秒タイマーが応答を受信する前に期限切れになった場合、BNG はタイマーを10秒に設定し、別の要求を送信します。これは2回目の再試行となります。この期間内に BNG が応答を受信しない場合は、タイマーを10秒にリセットして、別の要求を送信します。BNG は、時間がかかる前にクライアントからの応答を受信するか、または再試行回数を少なくするまで、10秒の間隔でリクエストを送信し続けます。

1回目の試行では、30秒間隔が使用されます。その後の再試行は10秒間隔で発生します。そのため、10秒間の再試行回数は、再試行回数から1を引いた数になります。たとえば、5回の再試行を設定した場合、再試行回数は 1 30 秒、最大 4 10 秒に設定されます。

BNG がすべての再試行を試み、その間隔内のクライアントからの応答を受信しなかった場合、クライアントセッションは停止していると宣言されます。

レイヤー2の活性検知failure-actionによってサポートされる文にclear-bindingは、唯一の選択肢があります。

オプション

最大連続再試行回数 桁数ARP 応答パケットが存在しない場合にルーターが ARP 要求パケットを送信する連続回数。

範囲: 3 ~ 6 回の再試行

デフォルト: 3再試行

送信間隔 クライアントに ARP 要求パケットを送信した後でルーターが ARP 応答を待機する初期インターバル、または NG 要求パケットをクライアントに送信した後に ND 応答パケットを待機します。

範囲: 300 ~ 1800 秒

デフォルト: 300秒

必要な特権レベル

この—ステートメントを構成に表示するためにルーティングしています。

ルーティングコントロール—このステートメントを構成に追加します。