Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

インターフェイス (プロトコル ISIS)

 

構文

階層レベル

Release Information

文は Junos OS リリース14.1 で導入されました。

説明

特定のプライマリ next-hop のバックアップ選択ポリシーを定義します。

オプション

interface-nameプライマリホップインターフェイスの名前。
すべてのすべてのインターフェイス。
帯域幅により異なるプライマリ帯域幅がプライマリネクストホップの帯域幅以上である場合のみ、バックアップの次ホップを選択できるようにします。
dest-メトリック (最上位 | 最下位)1ホップの近傍からメトリックを指定するか、または RSVP バックアップのラベルスイッチパス (LSP) テールエンドルーターなどのリモートルーターから最終目的地まで指標を指定します。
高く最も高い宛先メトリックを持つバックアップパスを選択します。
水準最も低い宛先メトリックを持つバックアップパスを選択します。
ダウンストリームパスのみ宛先へのダウンストリームパスとなるバックアップパスを選択します。
評価順 [admin group srlg 帯域幅の保護-近傍ノードのタイプ-タグメトリック]バックアップパスを評価するための順序と基準を制御します。評価のデフォルトの順序は、admin グループ、srlg、帯域幅、保護タイプ、近傍、近傍ノード、メトリックの順になっています。

明示的に構成された評価順序では、リストされた属性のみがバックアップパスの選択に影響します。

メトリック順 [root dest]バックアップパスの選択時に、root および宛先メトリックの優先順位を指定します。優先順位を指定するには、以下のようにします。
  • [root dest] —バックアップパスの選択または設定は、最初にルートメトリックの基準に基づいています。すべてのルートメトリックの基準が同じである場合は、その選択または優先順位が基準メトリックに基づいています。

  • [dest root] —バックアップパスの選択または設定は、まず、宛先ベースの基準に基づいています。すべての dest メトリックの基準が同じである場合は、ルートメトリックに基づいて選択がされます。

デフォルトでは、送信先メトリックが低いバックアップパスが選択されているか、好ましいものになっています。基準が同じである場合は、最小のルートメトリック基準が優先または選択されます。

root1ホップの近傍またはリモートルーターへのメトリック。
送信先1ホップの近隣ノードまたはリモートルーターから最終宛先へのメトリックです。
保護タイプ (リンク | ノード | ノード-リンク)バックアップパスの必要な保護タイプを指定します。

保護タイプが設定されていない場合、デフォルトでは、その他すべての基準に一致する最初の最適なパスが実行されます。

リンク保護を提供するバックアップパスを選択します。
ノードノードの保護機能を備えたバックアップパスを選択します。
ノードリンクノード保護 LFA がリンク保護 LFA より優先される場合に、node または link protection LFA を許可します。
ルートメトリック (最上位 | 最下位)1ホップの隣接ノードまたは RSVP バックアップのラベルスイッチパス (LSP) テールエンドルーターなどのリモートルーターへのメトリックを指定します。
高く最上位のルートメトリックを選択します。
水準最小ルートメトリックを選択します。
srlg (ルース | strict)バックアップの選択を定義して、プライマリリンクとバックアップパス内の任意のリンク間の共通の共有リスクリンクグループ (SRLGs) を許可または拒否します。
緩んプライマリリンクとバックアップパスの任意のリンクの間で、共通の srlgs を持つバックアップパスを使用できるようにします。Srlg コリジョンの数が少ないバックアップパスをお勧めします。
厳しいプライマリリンクとバックアップパスの各リンクの間で、共通の srlgs を持つバックアップパスを拒否します。

残りのステートメントは個別に説明されています。CLI エクスプローラーを参照してください。

必要な特権レベル

この—ステートメントを構成に表示するためにルーティングしています。

ルーティングコントロール—このステートメントを構成に追加します。