Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

インターフェイス-mac 制限

 

構文

階層レベル

Release Information

文は Junos OS リリース 8.4 で導入されました。

Junos OS リリースswitch-options9.2  で追加された文のサポート。

Junos OS リリースvirtual-switch9.2 で追加された ルーティングインスタンスのタイプのトップレベルの設定をサポートします。Junos OS リリース 9.1 以前では、ルーティングインスタンス階層は、VPLS インスタンスまたは仮想スイッチ内に設定されたブリッジドメインに対してのみこのステートメントをサポートしていました。

Junos OS リリース9.6 で追加された論理システムをサポートします。

[編集スイッチ-オプション]、[スイッチオプションインターフェイスを編集します。 interface-name], [vlan の編集 vlan 名スイッチオプション]、[vlan の編集 vlan 名スイッチオプションインターフェイス interface-name] EX シリーズスイッチの Junos OS リリース 12.3 R2 に導入された階層レベル。

説明

ブリッジドメイン、VLAN、仮想スイッチ、または一連のブリッジドメインまたは Vlan から学習できる MAC アドレス数に制限を設定します。

マルチシャーシのリンクアグリゲーション (MC LAG) ピア For active-アクティブモードでは、 interface-mac-limitまたは、トラフィックinterface-mac-limit がフローしているときに設定を変更すると、MAC エントリは2つの MC LAG ピア間で同期されなくなる可能性があります。これにより、フラッディングの原因となる場合があります。フラッディングを回避するには、トラフィック転送を停止してから interface-mac-limitステートメントを使用するか、 commit at両方のピアノードで同時に変更をコミットする設定文。

または、フラッディングが発生した場合に、ルーターまたはスイッチの両方に対してブリッジ MAC テーブルをクリアするには、 clear bridge mac-tableコマンド. このコマンドを実行すると、MAC エントリが再学習され、両方のピア間で同期が行われるようになります。

デフォルト

デフォルトの MAC 制限はプラットフォームによって異なります。

オプション

disable—インターフェイスのグローバルインターフェイス mac 制限の設定を無効にして、デバイスで許可される最大インターフェイス mac 制限を設定します。

limit—インターフェイスから学習する MAC アドレスの最大数を設定します。

範囲: < 1 インターフェイス当たりのデフォルト MAC 制限 > MAC アドレス。範囲はプラットフォームによって異なります。

両方disableを設定したlimit場合は、disable が優先され、パケットアクションnoneがの設定になります。残りのステートメントは別に説明されています。

必要な特権レベル

この—ステートメントを構成に表示するためにルーティングしています。

ルーティングコントロール—このステートメントを構成に追加します。