Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

転送クラス (VoIP)

 

構文

階層レベル

Release Information

EX シリーズスイッチの Junos OS リリース9.0 で導入された文。

説明

EX シリーズスイッチの場合、VoIP インターフェイスでパケットを処理するために使用される転送クラスを設定します。

[ forwarding-classedit ethernet-switching-options voip interface interface-name] 階層レベルの明細書は、広告機能 VOIP 電話向けの LLDP によってのみ使用されています。VoIP トラフィックを分類するために使用されるわけではありません。

デフォルト

無効.

オプション

クラス—転送クラス:

  • 保証した転送—保証された転送—(AF) は、定義可能な値のグループを提供します。以下の4つのサブクラスが含まれています。AF1、AF2、AF3、AF4、それぞれに3つの drop 確率があります。低、中、高です。

  • ベストエフォート型—サービスプロファイルは提供されません。ベストエフォート型転送クラスの場合、損失の優先度は通常、サービスクラス (CoS) 値には含まれず、ランダムな早期検知 (赤色) ドロッププロファイルが採用されています。

  • 優先-forwading—低い損失、低遅延、低ジッター、確実な帯域幅、エンドツーエンドのサービスを提供します。

  • ネットワーク制御—一般的に、プロトコルコントロールをサポートしているため、高い優先度を提供します。

必要な特権レベル

この—ステートメントを構成に表示するためにルーティングしています。

ルーティングコントロール—このステートメントを構成に追加します。