Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

失敗-アクション

 

構文

階層レベル

Release Information

文は Junos OS リリース 12.1 で導入されました。

EX シリーズスイッチの Junos OS リリース 12.3 R2 で導入された文。

説明

活性検知エラーが発生した場合に、ルーター (またはスイッチ) が実行するアクションを設定します。

オプション

デフォルト: clear-binding

clear-binding—設定が構成されてアクティブになっている場合maintain-subscribers interface-deleteを除き、活性検出エラーが発生した場合、DHCP クライアントセッションはクリアされます。

clear-binding-if-interface-up—DHCP クライアントセッションが消去されるのは、活性検知エラーが発生し、ローカルインターフェイスが稼働中として検出された場合のみです。この設定を使用して、ローカルネットワークエラーが原因で発生した活性検知の失敗と、ネットワークからのホストの切断による障害を識別します。クライアントバインドが、管理バインドの有限状態マシン (FSM) 状態にある場合、活性検知エラー検出が発生すると、バインドは削除されません。MX シリーズルーターでのレイヤー 2 ARP/ND 活性検知にはサポートされていません。

log-only—イベントを示すメッセージがログに記録されます。対処は行われず、DHCP は障害を管理し、クライアントのバインドを維持するために残されています。MX シリーズルーターでのレイヤー 2 ARP/ND 活性検知にはサポートされていません。

必要な特権レベル

この—ステートメントを構成に表示するためにルーティングしています。

ルーティングコントロール—このステートメントを構成に追加します。