Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

coa-非優先のサービスクラス属性

 

構文

階層レベル

Release Information

文は Junos OS リリース11.4 で導入されました。

説明

RADIUS Class 属性を変更する CoA アクションの後、加入者’のサービスセッションのアカウンティングレポートは、サービスセッションの作成時に割り当てられた元のクラス属性をそのまま使用します。新しい Class 属性値は、サブスクライバーセッションでのみアカウンティングレポートで使用されます。

必要な特権レベル

管理—者は、このステートメントを構成で表示できます。

管理者は—このステートメントを設定に追加できます。