Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

自動ターゲットセッション

 

構文

階層レベル

Release Information

文は Junos OS リリース14.2 で導入されました。

説明

ループバックアドレスを使用して自動的にターゲットになるリモート LFA ノードで確立された LDP セッションのセッションパラメーターを構成します。リモート LFA 専用の自動ターゲットセッションのパラメーターを設定します。

オプション

maximum-sessions 許可される自動ターゲット LDP セッションの最大数を指定します。このステートメントを含めると、ルーターメモリの使用を最適化できます。

デフォルト: 100

範囲: 1 ~ 1000

teardown-delay 自動ターゲットセッションをリモート LFA ノードへと切断するまでの時間を最小限にする最小期間を指定します。IGP トポロジの一時的な変更によって、ルート解決が迅速に行われないようにするために、このステートメントを含めてください。

デフォルト: 90秒

範囲: 1 ~ 300 秒

必要な特権レベル

この—ステートメントを構成に表示するためにルーティングしています。

ルーティングコントロール—このステートメントを構成に追加します。