Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

除外アドレス (アドレス割り当てプール)

 

構文

階層レベル

Release Information

ステートメントは Junos OS Release 15.1 X49-D20 で導入されました。

説明

DHCP アドレスプールから IPv4 または IPv6 の選択アドレスを除外できます。構成済みのアドレスプール内では、最大20個のアドレスを個別に除外できます。Junos OS は、これらの除外されたアドレスをどのクライアントにも割り当てません。DHCP クライアントにすでに割り当てられている除外アドレスを構成すると、その除外アドレスはクライアントから取り消されます。

除外されたアドレスは、構成済みのアドレスプールのアドレスファミリと一致する必要があります。たとえば、IPv6 アドレスプール内の IPv4 アドレスを除外することはできません。

必要な特権レベル

この—ステートメントを表示するには、この設定でアクセスしてください。

アクセスコントロール—このステートメントを設定に追加します。