Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

oam イーサネット接続のクリア: 障害管理統計

 

構文

Release Information

Junos OS リリース8.4 で導入されたコマンド

Junos OS リリース9.5 で追加された ETH 統計とフレーム数をサポートします。

説明

IEEE 802.1 ag OAM connectivity-障害管理 (CFM) をサポートするすべてのルーターについて、CFM によって管理される統計情報をすべてクリアします。

さらに、高密度ポートコンセントレーター (Dpc) 上のイーサネットインターフェイスでは、MX シリーズルーターだけでも、すべての ITU-T Y がクリアされます。 y.1731 イーサネットフレーム遅延測定 (ETH-DM) 統計および ETH のフレーム数。

デフォルトでは、このコマンドは、ルーター上の任意のインターフェイスに接続された CFM の保守関連エンドポイント (MEPs) に対応する CFM 統計および ETH の統計情報とフレームカウントをクリアします。

オプション

イーサネットインターフェイス名ナ指定されたイーサネット物理インターフェイスにアタッチされた MEPs の CFM 統計情報、ETH 統計、ETH フレームカウントを消去します。
レベルナ指定したレベルの CFM メンテナンスドメイン (MDs) 内での MEPs の場合のみ、CFM 統計、ETH の統計値、ETH フレームカウントを消去します。

必要な特権レベル

'95'5c

出力例の一覧

oam イーサネット接続のクリア:障害管理統計

出力フィールド

このコマンドを入力すると、リクエストのステータスに関するフィードバックが提供されます。

出力例

oam イーサネット接続のクリア:障害管理統計

user@host> clear oam ethernet connectivity-fault-management statistics