Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

例:明示的パス LSP の構成

 

受信ルーターでは、明示的なパス LSP を作成し、受信ルーターと送信ルータ間の伝送ルーターを指定します。この構成では、制約付きパス計算は実行されません。プライマリパスでは、すべての中間ホップが厳密に指定されるため、ルートを変更することはできません。第2のパスは、まずルーター14.1.1.1 を通過してから、宛先に到達するために利用可能な任意のルートを取得する必要があります。通常、セカンダリパスによる残りのルートは、IGP によって計算される最短パスです。