Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

例:負荷分散 MPLS ネットワーク

 

複数の RSVP Lsp を同一の送信ルーターに構成すると、メトリックが最小の LSP が選択され、すべてのトラフィックが伝達されます。すべての Lsp が同じメトリックを持つ場合、Lsp の1つがランダムに選択され、すべてのトラフィックがその中から転送されます。すべての Lsp でトラフィックを均等に分散するには、構成された負荷分散のタイプに応じて、受信ルーターまたは伝送ルータで負荷分散を構成できます。

図 14つの Lsp が同じ送信ルーターに構成された MPLS ネットワークを示します (R0)。受信ルーターで負荷分散が構成されています R1。このネットワーク例では、OSPF 領域を使用した内部ゲートウェイプロトコル (IGP) としてオープン最短パスファースト (OSPF) を使用します。 0.0.0.0。Junos OS のデフォルトである、制約された最短パスの最初 (CSPF) LSP には IGP が必要です。さらに、このネットワーク例では、ポリシーを使用して BGP トラフィックを作成しています。

図 1: 負荷分散ネットワークトポロジー
負荷分散ネットワークトポロジー

図 1示されるネットワークは、以下のコンポーネントで構成されています。

  • 65432として使用するフルメッシュ内部 BGP (IBGP) トポロジ

  • すべてのルーター上で有効になっている MPLS と RSVP

  • ルーターの送信静的ポリシー R1および R0これにより、新しいルートをネットワークに提供できるようになります。

  • 4つの片方向 Lsp R1および R0、およびその1つの逆方向 LSP の間に R0および R1双方向のトラフィックを可能にします。

  • 受信ルーターでの負荷分散の構成 R1

図 1示されているネットワークは、BGP のフルメッシュネットワークです。ルートリフレクタとコンフェデレーションは、学習したルート BGP の伝達に使用されないため、各ルーターは、BGP を実行している他のすべてのルーターと BGP セッションを行う必要があります。