Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

負荷分散 MPLS ネットワークのルーター構成

 

目的

このトピックの構成は、負荷分散ネットワークトポロジに示されているサンプルネットワークの6つのルーターを対象としています。

アクション

ルーターの設定を表示するには、次の Junos OS CLI オペレーションモードコマンドを使用します。

サンプル出力1

次の構成出力はエッジルーター用です。 R6

サンプル出力2

次の構成出力は、入口ルーター用です。 R1

サンプル出力3

以下の構成出力は、通過ルーターに適しています。 R2

サンプル出力4

以下の構成出力は、通過ルーターに適しています。 R4

サンプル出力5

以下の構成出力は、通過ルーターに適しています。 R9

サンプル出力6

以下の構成出力は、送信ルーター用です。 R0

出力 1 ~ 6 では、サンプルネットワークの6つのすべてのルーターの基本インターフェイス、ルーティングオプション、プロトコル、ポリシーオプションの設定Example: Load-Balanced MPLS NetworkMPLS ネットワーク

ネットワーク内のすべてのルーターには、MPLS、RSVP、および BGP が有効になっています。OSPF は IGP として構成されており、関連するインターフェイスは基本的な IP 情報と MPLS をサポートしています。

さらに、すべてのルーターには、 [edit routing-options]階層レベルで手動でルーター ID (rid) が設定されているため、rid の重複問題を回避できます。このpassive文は、ループバックでプロトコルが実行されないようにするために、OSPF 構成に含まれています (lo0) インターフェイスとループバック (lo0) インターフェイスは、ネットワーク全体で正しくアドバタイズされます。

出力例1、3、4、5、 R6R2R4R9転送用ラベルスイッチルーターの基本構成を示します。基本構成には、MPLS、手動で構成した RID、および関連プロトコル (RSVP、MPLS、BGP、OSPF) に対応するすべてのインターフェイスが含まれます。

入口ルーターからの出力2の例 R1基本構成と4つの Lsp (lsp1から lsp4)するように設定 R0。4つの Lsp は、さまざまなプライマリパスで構成されています。 R4lsp1および lsp4から、 R2lsp2および lsp3

トラフィックを作成するには、 R1静的ルートがあります (100.100.1.0/24) [edit routing-options static route]階層レベルで設定されます。このプレフィックスは、ルートが BGP ルートになるように[edit policy-options send statics] 、階層レベルの送信フィックスポリシーに含まれています。

さらに、受信ルーターで R1、ロードバランシングを構成するために、 パケット単位オプションを選択すると、ポリシーは[edit routing-options forwarding-table] 階層レベルでエクスポートされます。

出力 6 (出口ルーター) の例 R0は1つの LSP を示しています (r0-r6) を R6双方向トラフィックの作成に使用されます。OSPF は、LSP を IGP に提供する前に、双方向の LSP の到達可能性を必要とします。LSP は IGP にアドバタイズされますが、lsp に対しては hello メッセージまたは—ルーティング更新が行われませんが、lsp を介して送信されるのはユーザートラフィックのみです。ルーターは、IGP データベースのローカルコピーを使用して、双方向の到達可能性を検証します。

さらに R0静的ルートがあります (100.100.10.0/24) [edit routing-options static route]階層レベルで設定されます。このプレフィックスは、ルートが BGP ルートになるように[edit policy-options send statics] 、階層レベルの送信フィックスポリシーに含まれています。