Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

ON THIS PAGE

例:\N バックリファレンスを使用した—、Junos OS 構成でのグローバルな置き換えの使用

 

この例では、前方参照を使用してパターンを置き換える方法を示します。

要件

この例を設定する前に、デバイスの初期化以外に特別な設定を行う必要はありません。

開始する前に、以下のことを設定します。

この初期構成を迅速に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク構成に一致する必要がある詳細を変更してから、コマンドを[edit]階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

概要

正規表現の最も有用な機能の1つとして、前方参照があります。前方参照は、文字列内の繰り返し出現する文字または部分文字列を識別するための便利な方法を提供します。パターンが見つかったら、それを二度と記述せずに繰り返すことができます。以前に収集したパターンを参照し\#ます ( #ここでは、パターンを一致させる回数を示す数字を示しています)。

前方参照を使用して、データを取り消したり、検索したり、その他の方法で置き換えることができます。このようにして、単一の replace コマンドで大量のデータセットを再フォーマットすることで、手動でパターンを検索して置き換えるために必要な時間を節約できます。

構成

コマンドでの前方参照を使用した置換の構成

ステップごとの手順

前方参照を使用して Junos OS 構成のパターンを置き換えるには、次のようにします。

  • replaceコマンドを使用します。

    この例では、と置換:1bf5したい1bf5と考えています。

    後方参照 (\ 1) があることに注意してください。この場合、このパターンを検索して置換するのは1回だけにする必要があることを示します。

結果

その結果の構成は以下のとおりです。

この例では、パターン2000::c0a8::1bf5が1回2000::c0a8:1bf5で置き換えられます。