Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

例:LDP リンク保護の構成

 

この例では、ユニキャストとマルチキャストの LDP ラベルスイッチパス (Lsp) の両方に対して、ラベル配布プロトコル (LDP) のリンク保護を構成する方法を示します。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • M Series、MX シリーズ、T Series ルーターを組み合わせた6個のルーター。1つのルートノードと2個のリーフノードを使用して、ポイントツーマルチセット LDP LSP を実行できます。

  • すべてのルーター上でリリース12.3 またはそれ以降が実行されていることを Junos OS します。

開始する前に:

  1. デバイスインターフェイスを構成します。

  2. 以下のプロトコルを構成します。

    1. RSVP

    2. MPLS

    3. OSPF またはその他の IGP

    4. LDP

概要

LDP リンク保護により、リンク障害が発生した場合に、LDP Lsp 上で実行されたトラフィックの迅速な再ルート化が可能になります。LDP ポイントツーマルチポイント Lsp を使用して、単一のルートまたは入口ノードから、1つまたは複数の通過ノードを通過する多数のリーフノードまたは出口ノードからトラフィックを送信できます。点ツーマルチポイントツリーのいずれかのリンクに障害が発生した場合、サブツリーは、IGP 再コンバージェンスとマルチキャスト LDP が下流ルーターから新しいアップストリームルーターへの最適なパスを使用してラベルマッピングを開始するまで、分離された状態になります。リンク障害が発生した場合にトラフィックを保護するために、トンネルを使用してトラフィックを再ルーティングできるように、明示的なトンネルを構成することができます。Junos OS は、以前の LSP パスを削減する前に新しい LSP パスを通知しようとする際に最小限のパケットロスを実現するために、休憩用の機能をサポートしています。また、この機能は、マルチキャスト LDP リンク保護のための LDP の対象化をサポートしています。

LDP リンク保護を構成する場合は、以下の考慮事項に注意してください。

  • 制約ベースリンク保護された動的 RSVP LSP が、制約された最短パス (CSPF) を使用して RSVP によってシグナル状態になるように、MPLS と RSVP に設定されたインターフェイスを含めて、IGP でトラフィックエンジニアリングを構成します。この条件が満たされないと、RSVP LSP が起動せず、LDP がそれを保護されたネクストホップとして使用できない可能性があります。

  • リンク障害が発生した場合にルーター間の IP 接続を提供するために、2つのラベル交換ルーター (LSRs) 間のパスを構成します。これにより、CSPF がリンク保護の代替パスを計算できるようになります。ルーター間の接続が失われると、LDP ターゲット隣接関係は発生せず、ダイナミック RSVP LSP はシグナルを送信できません。その結果、ピアが下流 LSR である LDP フォワーディング同値クラス (FEC) を保護することはありません。

  • リンク保護が1つの LSR でのみアクティブになっている場合、他の LSR をstrict-targeted-hellosステートメントで設定することはできません。これにより、リンク保護されていない LSR は非対称のリモート近傍検索が可能になり、リモート近隣ノードを開始した LSR に定期的にターゲット化した los が送信されます。この条件が満たされていない場合、LDP の対象となる隣接関係は形成されません。

  • Ldp トンネリング、LDP ベースのバーチャルプライベート LAN サービス (VPLS)、レイヤー2回線、または LDP セッション保護をベースにしたリモート隣接ノードを作成するには、LSR のループバックインターフェイスで LDP を有効にする必要があります。この条件が満たされていない場合、LDP の対象となる隣接関係は形成されません。

  • ユニキャスト LDP LSP の場合は、ループフリーの代替 (LFA) を IGP で構成する必要があります。

  • 結合点への入口となるルートは、1つ以上のネクストホップで、マージポイントとローカル修復のポイント間のプライマリリンクを回避する必要があります。

  • ローカル修復のポイントは、バックアップの次ホップがマージポイントに到達するために、ユニキャスト LDP ラベルを持っていなければなりません。

Topology

図 1: LDP リンク保護
LDP リンク保護

この例では、ルーター R5 は2つのリーフノード (ルーター R3、R4) に接続しているルートを示しています。ルーター R0 はローカル修理のポイントです。

構成

CLI 簡単構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細を変更し、コマンドを[edit]階層レベルで CLI にコピー & ペーストしてから設定commitモードから開始します。

R5

R0

R1

R2

R3

R4

ステップごとの手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。CLI のナビゲートの詳細については、「 Using the CLI Editor in Configuration Mode」を参照してください。

ルーター R0 を構成するには、次のように行います。

  1. ルーター R0 インターフェイスを構成します。
  2. Router ID とルーター R0 の自律システムを構成します。
  3. 管理インターフェイスを除いて、ルーター R0 のすべてのインターフェイスで RSVP を有効にします。
  4. ルーター R0 (管理インターフェイスを除く) のすべてのインターフェイス上で、トラフィックエンジニアリング機能とともに MPLS を有効にします。
  5. ルーター R0 のすべてのインターフェイス (管理インターフェイスを除く) で OSPF を有効にし、リンクに同等のコストメトリックを割り当て、トラフィックエンジニアリング機能を有効にします。

    ループフリーの代替 (LFA) を使用したマルチキャスト LDP リンク保護については[edit protocols] 、以下の構成を階層レベルで有効にします。

  6. ルーター R0 のすべてのインターフェイス (管理インターフェイスを除く) で LDP を有効にし、動的な RSVP バイパス LSP を使用してリンク保護を構成します。

結果

設定モードから、、、およびshow interfacesshow routing-optionsshow protocolsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

バイパス RSVP LSP パスを検証しています

目的

バイパス RSVP LSP パスがローカル修復 (PLR) で作成されていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show route tale mpls.0コマンドを実行します。

user@R0> show route tale mpls.0

意味

R0 ~ R1 リンクがダウンすると、RSVP バイパス LSP がトラフィックのルーティングに使用されます。

ラベルオペレーションを検証する

目的

PLR でのラベル交換を確認します。

アクション

動作モードから、 show route table mpls.0 label label extensiveコマンドを実行します。

user@R0> show route table mpls.0 label 300000 extensive

意味

ラベルは、リーフノードであるリーチルーター R4 にバインドされます。