Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

例:マルチセグメント擬似回線の構成

 

この例では、型のプロバイダエッジ (S-PE) デバイスが BGP によって自動的かつ動的に検出されるダイナミックマルチセグメント擬似ワイヤ (ミリ秒) を設定する方法と、LDP によって FEC 129 を使用して疑似ワイヤがシグナル化されます。このような構成では、S-PEs で最小限のプロビジョニングを実行する必要があるため、静的に構成されたレイヤー2回線に関連する設定の負担が減ります。また、基盤となるシグナリングプロトコルとして LDP を使用することもできます。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • M Series マルチサービスエッジルーター、MX シリーズ5G ユニバーサルルーティングプラットフォーム、T Series コアルーター、または PTX シリーズパケットトランスポートルーターを組み合わせることができる6つのルーター。

    • 終端の PEs (T-PEs) として構成された2つのリモート PE デバイス。

    • 2つの S-Pe が次のように設定されています。

      • 相互領域構成の場合、ルートリフレクタを行います。

      • 境界ルーターとして、またはルートリフレクタとして構成されています。

  • すべてのデバイスで Junos OS リリース13.3 以降を実行している。

開始する前に:

  1. デバイスインターフェイスを構成します。

  2. OSPF またはその他の IGP プロトコルを構成します。

  3. BGP を構成します。

  4. LDP を構成します。

  5. MPLS を構成します。

概要

Junos OS リリース13.3 から開始して、FEC 129 を使用して、LDP シグナリングおよび MPLS パケット交換ネットワーク (PSN) での自動検出 BGP によって、MS PW を設定できます。また、MS PW 機能によって、ping、traceroute、BFD などの運用、管理、管理 (OAM) 機能も T PE デバイスから提供されます。

MS PW で S-PEs の自動検出を有効にするにはauto-discovery-mspw[edit protocols bgp group group-name family l2vpn]階層レベルでステートメントを追加します。

S-PE の自動選択とミリ秒の動的な設定は、BGP に大きく依存しています。FEC の129擬似回線を対象として構築されたネットワークレイヤーの到達可能性情報 (NLRI) を、S-PE を自動検出する BGP、MS-PW NLRI [draft-ietf-pwe3-dynamic-ms-pw-15] と呼んでいます。MS PW NLRI は、基本的には、route 識別子 (RD) および FEC 129 ソースアタッチメント識別子 (SAII) で構成されるプレフィックスです。これは BGP 自動検出 (BGP) ルートと呼ばれ、としてRD:SAIIエンコードされます。

タイプ 2 AIIs でプロビジョニングされた T 個の PEs のみが、それぞれの MS-PW NLRI を開始します。タイプ 2 AII はグローバルに固有であるため、MS PW NLRI は、タイプ 2 AII をプロビジョニングする PE デバイスを識別するために使用されます。タイプ 1 AII とタイプ 2 AII の違いには、MS PW をサポートするために、新しいアドレスファミリーインジケーター (AFI) とそれ以降のアドレスファミリ識別子 (SAFI) が定義さ BGP れている必要があります。指定された AFI と SAFI 値のペアは、それぞれの MS-PW NLRI を識別するために使用します。25と6はそれぞれ (保留 IANA の割り当て) です。

AFI と SAFI の値は、S-PEs の自動検出に対応しており、ルートを発生させる T-PEs と、シグナリングに参加する S-PEs の両方で構成する必要があります。

図 1は、PE1 と T-PE2 の2つのリモート PE ルーター—間での領域間の MS PW の設定を示しています。プロバイダ (P) ルーターは P1 と P2 であり、S-PE ルーターは S-PE1 および S PE2 です。PE1 と T-PE2 の間に MS PW が確立され、すべてのデバイスが100として属し—ています。S PE1 と S-PE2 は同じように動作するため、ルートのリフレクタとして機能し、それぞれ RR 1 と RR 2 とも呼ばれます。

図 2は、MS PW の設定を示しています。T-PE1、P1、S-PE1 が1として、S-PE2、P2、T PE2 が2として属する PE1 と T-PE2 の間には、MS PW が設定されています。PE1 と S-PE2 は異なるに属しているため、ASBR ルーターとして構成されており、asbr 1 と ASBR 2 としても知られています。

図 1: Interarea マルチセグメント擬似回線
Interarea マルチセグメント擬似回線
図 2: マルチセグメント間の擬似ワイヤー
マルチセグメント間の擬似ワイヤー

以下のセクションでは、interarea と AS 間のシナリオでの MS PW の確立方法について説明します。

Minimum Configuration Requirements on S-PE

1つの SS の両端を動的に探索し、T LDP セッションを動的に設定するには、以下のことが必要になります。

  • Interarea MS PW では、各 S PE が ABR と BGP ルートリフレクタの両方の役割を果たします。

    Interarea の場合は、に図 1示すように、S-PE は BGP ルートリフレクタロールを再生し、そのクライアントに BGP-AD ルートを反映します。1つの T PE によってアドバタイズされた BGP AD ルートは、最終的にはリモートの T-PE に到達します。1つの S-PE によってネクストホップが設定されているため、BGP-AD ルートを受信する S PE または T PE は、常に、BGP のネクストホップを通じて、BGP-AD をローカル AS またはローカルエリアにアドバタイズする S PE を発見できます。

  • MS PW としての間の各 S PE は、ASBR または BGP ルートリフレクタの役割を果たします。

    MS PW では、2つの T-Pe がそれぞれ BGP-AD ルートを開始します。S-PE は、IBGP セッションから T-PE または通常の BGP-RR を通して BGP-AD ルートを受信すると、次ホップを設定してから、「AS a」で示されるように、相互に1つ以上の EBGP ピアに BGP AD ルートを再アドバタイズし図 2ます。

  • 各 S PE は、MS PW の BGP/AD ルートをアドバタイズまたは反映するときに、次ホップを設定する必要があります。

Active and Passive Role of T-PE

両方の方向で MS-PW に対して同じ一連の S-Pe が使用されるようにするために、2つの T-Pe は FEC の129シグナリングという点で異なる役割を果たします。これは、PE1 と T-PE2 によって選択されたパスの違いを回避し、各 S-PE が MS PW 用に動的に選択されるのを防ぐためです。

FEC 129 を使用して、MS PW がシグナル状態になった場合、各 T PE が独立して MS PW の信号の通知を開始する可能性があります。シグナリング手順によって、さまざまな S-Pe を通じて MS PW の各方向を設定しようとすることができます。

このような状況を回避するには、T-Pe のいずれかが疑似ワイヤシグナリング (アクティブロール) を開始し、もう一方が LDP ラベルマッピングを受信してから、対応する擬似電信 LDP ラベルマッピングメッセージ (パッシブロール) を送信する必要があります。MS-PW パスが動的に配置されている場合、所定の MS-PW に対してシグナルが開始される前に、アクティブな T-pe (ソース T-PE) とパッシブ T PE (ターゲット T-pe) を識別する必要があります。アクティブな役割が、より大きな SAII 値を持つ T PE がアクティブな役割を果たす、SAII 値に基づいて、どの T PE によって実行されるのかを決定しています。

この例では、T-PE1 と T PE 2 の SAII 値は、 800:800:800それぞれ700:700:700次のようになっています。T PE1 はより上位の SAII 値を持つため、アクティブな役割と T PE2 がパッシブ役割を担うとしていることを前提としています。

Directions for Establishing an MS-PW

S-PE によって、MS PW の設定に使用される指示は以下のとおりです。

  • アクティブな—t-pe からパッシブ t pe への転送方向。

    この方向で、S-PEs は BGP-AD ルートルックアップを実行して、次ホップの S-PE を決定し、ラベルマッピングメッセージを送信します。

  • パッシブ T—pe からアクティブな t pe に向かって逆方向にします。

    この方向では、S-PEs は、T-PEs からのラベルマッピングメッセージを受信し、つなぎルートが S-PEs にインストールされているため、BGP-AD ルートルックアップを実行しません。

この例では、PE1 から T-PE2 までの転送方向に MS-PW が確立されています。MS-PW を T-PE2 から T-PE1 に配置した場合、MS-PW は逆方向に確立されます。

Autodiscovery and Dynamic Selection of S-PE

新しい AFI と SAFI の値は、タイプ 2 AII をベースにした MS-PWs をサポートするために BGP で定義されています。この新しいアドレスファミリーは、S-PEs の自動検出をサポートしています。このアドレスファミリは TPEs と SPEs の両方で設定する必要があります。

レイヤー 2 VPN コンポーネントは、次の S-PE を動的に選択して、転送方向に MS PW で使用する必要があります。

  • 転送方向において、次の S-PE の選択は、LDP によって送信された BGP および疑似ワイヤ FEC 情報によって提供される BGP AD ルートに基づいています。BGP のルートは、パッシブ T-PE (T-PE2) によって逆方向に開始されますが、疑似ワイヤ FEC 情報は LDP によってアクティブな T-PE (PE1) から転送方向に送信されます。

  • 逆方向の場合、次の S-PE (S-PE2) またはアクティブな T-PE (T-PE1) は、転送方向で擬似ワイヤを設定するために使用した S-PE1) を検索することによって取得されます。

Provisioning a T-PE

FEC の129タイプ 2 AII をサポートするために、T PE は、リモートの T PE の IP アドレス、グローバル ID、およびアタッチメントのサーキット ID を設定する必要があります。使用する S-PEs のセットが T PE に明示的に指定されている明示的なパスはサポートされていません。これにより、タイプ 2 AII を使用して各 S PE をプロビジョニングする必要がなくなります。

Stitching an MS-PW

S-PE は、受信したラベルマッピングメッセージを次の S-PE に転送する前に、以下の MPLS ラベルオペレーションを実行します。

  1. MPLS トンネルラベルを表示します。
  2. VC ラベルをポップします。
  3. 新しい VC ラベルをプッシュします。
  4. 次のセグメントに使用される MPLS トンネルラベルをプッシュします。

Establishing an MS-PW

必要な構成が完了すると、MS PW が以下のように設定されます。

  1. SAII 値は、BGP を使用して T-PE1 と T-PE2 の間で交換されます。

    PE1 は、上位 SAII 値を使用して設定されているため、アクティブな T-PE ロールを前提としています。T-PE2 がパッシブ T PE になります。

  2. T-PE1 は、T-PE2 によって発生する BGP AD ルートを受信します。PE2 から取得した AII の値を、ローカルにプロビジョニングされた AII の値に対して、受信した BGP 広告ルートと比較します。
  3. AII の値が一致すると、T-PE1 は、最初の S-PE (S-PE1) を選択するために BGP-AD ルートルックアップを実行します。
  4. PE1 は、LDP ラベルマッピングメッセージを S-PE1 に送信します。
  5. T-PE2 から発行された BGP AD ルートを使用し、T-PE1, S-PE1 から受信した LDP ラベルマッピングメッセージを使って、次の S-PE (S-PE2) を転送方向に選択します。

    これを実現するために、PE1 は、BGP-AD ルートから入手した SAII を LDP ラベルマッピングメッセージからタイと比較しています。

  6. AII の値が一致した場合、PE1 は、BGP ルートに関連付けられた BGP のネクストホップを通じて S-PE2 を検出します。
  7. S-PE を選択するプロセスは、最後の S-PE が T-PE2 を使用した T LDP セッションを確立するまでオンになります。PE2 が最後の S-PE (S-PE2) から LDP ラベルマッピングメッセージを受信すると、独自のラベルマッピングメッセージを開始して、それを S-PE2 に送り返します。
  8. すべてのラベルマッピングメッセージを S-PE1 と S-PE2 で受信すると、S-Pe は、ステッチされたルートをインストールします。したがって、その逆方向に MS-PW が確立されている場合、S-PEs は、転送方向における次のホップを決定するために BGP AD route ルックアップを実行する必要はありません。

OAM Support for an MS-PW

MS-PW を確立すると、次の OAM 機能が T PE デバイスから実行できるようになります。

  • コマンド

    • T-Pe 間のエンドツーエンド接続検証

      T-PE1、S-PEs、T-PE2 サポートコントロールワード (CW) の場合、擬似ワイヤ制御プレーンは、自動的に CW の使用をネゴシエートします。バーチャルサーキット接続の検証 (VCCV) 制御チャネル (CC) タイプ3は、CW が疑似回線上で有効になっているかどうかにかかわらず、正常に機能します。ただし、VCCV タイプ1は、CW が有効になっている場合にのみサポートされます。

      次に例を示します。

      T-P1 から T-PE2 への Ping

      user@T-PE1> ping mpls l2vpn fec129 instance instance-name local-id SAII of T-PE1 remote-pe-address address of T-PE2 remote-id TAII of T-PE2

      または

      user@T-PE1> ping mpls l2vpn fec129 interface CE1-facing interface
    • T-PE から任意の S-PE への部分的な接続検証

      MS wire ラベルの TTL をトレースして、VCCV メッセージが中間ノードで強制的にポップアウトされるようにすることができます。TTL が満了すると、S-PE は、パケットが VCCV パケットであることを特定するには、CW をチェックするか、(CW が使用されていない場合は) UDP 宛先ポート3502を使用した有効な IP ヘッダーを確認します。その後、パケットを VCCV 処理に再流通させる必要があります。

      PE1 が VCCV メッセージを疑似線ラベルの TTL と同じにした場合、TTL は S-PE で期限切れになります。そのため、PE1 は疑似線の最初のセグメントを検証できるようになります。

      VCCV パケットは RFC 4379 に従って構築されています。VCCV LSP ping パケットの構築に必要なすべての情報を収集するには、S-PE TLVs を調べます。この TTL の使用は、RFC 5085 で表現される警告の対象となります。Penultimate LSR S ~ PE と T-pe の間にある場合、擬似回線ラベル TTL が操作された場合、VCCV メッセージは、該当する S-PE では MS-PW から現れないことがあります。

      次に例を示します。

      T-PE1 から S-PE への Ping

      user@T-PE1> ping mpls l2vpn fec129 interface CE1-facing interface bottom-label-ttl segment


      このbottom-label-ttl値は、s-PE1 の場合は1、s-PE2 の場合は2になります。

      このbottom-label-ttlステートメントによって、正しい VC ラベル TTL が設定されるため、vccv 処理用にパケットが適切な SS-PW になります。

    Junos OS は、VCCV タイプ1とタイプ3をサポートします。 MS-PW OAM 機能にも対応しています。VCCV タイプ2はサポートされていません。

  • Traceroute

    Traceroute は、LSP トレースと同様の1つの操作で、各 S PE を MS PW のパスに沿ってテストします。この操作によって、MS-PW の実際のデータパスを特定し、動的シグナル状態の MS-PWs に使用されます。

    user@T-PE1> traceroute mpls l2vpn fec129 interface CE1-facing interface
  • 双方向の転送検知

    双方向フォワーディング検知 (BFD) は、すべてのメディアタイプ、encapsulations、トポロジー、ルーティングプロトコルに対応する高速転送パス障害検出時間を提供するよう設計された検知プロトコルです。高速転送パス障害検出に加え、BFD はネットワーク管理者に対して一貫性のある障害検出方法を提供します。ルーターまたはスイッチは、BFD がダウンしたときにシステムログ (syslog) メッセージのログを記録するように設定できます。

    user@T-PE1> show bfd session extensive

構成

Interarea MS PW の構成

CLI 簡単構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

T-PE1

P1

S-PE1 (RR 1)

S-PE2 (RR 2)

P2

T-PE2

ステップごとの手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。CLI のナビゲートの詳細については、「 Using the CLI Editor in Configuration Mode」を参照してください。

Interarea シナリオで T-PE1 を構成するには、次の手順に従います。

適切なインターフェイス名、アドレス、その他のパラメーターを変更した後、MPLS ドメインの PE2 デバイスに対してこの手順を繰り返します。

  1. T-PE1 インターフェイスを構成します。
  2. 自律システム番号を設定します。
  3. 管理インターフェイスを除く、PE1 のすべてのインターフェイスでの MPLS を有効にします。
  4. BGP を使用して、MS PW を構成する中間 S-PEs の自動検出を有効にします。
  5. T PE1 の BGP グループを構成します。
  6. ローカルおよび近隣アドレスを S-PE1 を使用して、PE1 to ピアの mspw グループに割り当てます。
  7. PE1 のすべてのインターフェイスで、管理インターフェイスを除外して OSPF を構成します。
  8. 管理インターフェイスを除外して、PE1 のすべてのインターフェイスで LDP を構成します。
  9. PE1 でレイヤー 2 VPN ルーティングインスタンスを設定します。
  10. Mspw ルーティングインスタンスのインターフェイス名を指定します。
  11. Mspw ルーティングインスタンスのルート識別子を設定します。
  12. FEC の 129 MS PW 用にレイヤー 2 VPN ID コミュニティーを設定します。
  13. Mspw ルーティングインスタンス用の VPN ルーティングおよび転送 (VRF) ターゲットを設定します。
  14. Mspw ルーティングインスタンスのルーティングプロトコルとしてレイヤー 2 VPN を使用して、送信元アタッチメント識別子 (SAI) 値を設定します。
  15. CE1 サイトを VPN に接続するインターフェイス名を割り当て、レイヤー 2 VPN を使用して、mspw ルーティングインスタンス用のルーティングプロトコルとして、ターゲットアタッチメント識別子 (タイ) 値を設定します。
  16. ナPE1 が MS-PW ステータス TLVs 送信するように設定します。
  17. ナVPN 用の OAM 機能を設定します。

ステップごとの手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。CLI のナビゲートの詳細については、「 Using the CLI Editor in Configuration Mode」を参照してください。

Interarea シナリオで S-PE1 (RR 1) を設定するには、次の手順に従います。

MPLS ドメインの S-PE2 (RR 2) デバイスに対してこの手順を繰り返し、適切なインターフェイス名、アドレス、その他のパラメーターを変更します。

  1. PE1 のインターフェイスを構成します。
  2. 自律システム番号を設定します。
  3. 管理インターフェイスを除く、PE1 のすべてのインターフェイスでの MPLS を有効にします。
  4. BGP を使用した S-PE の自動検出を有効にします。
  5. PE1 の BGP グループを設定します。
  6. ルートリフレクタとして動作するように PE1 を構成します。
  7. ローカルおよび近隣アドレスを、PE1 と S-PE2 を使用して、S-PE1 to peer の mspw グループに割り当てます。
  8. 管理インターフェイスを除外して、PE1 のすべてのインターフェイスで OSPF を構成します。
  9. 管理インターフェイスを除外して、PE1 のすべてのインターフェイスで LDP を構成します。
  10. PE1 上で、次ホップ (self) を有効にするポリシーを定義し、BGP トラフィックを受け入れます。

結果

設定モードから、、、、 show interfacesおよびshow protocolsshow routing-instancesshow routing-optionsshow policy-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

T-PE1



S-PE1 (RR 1)

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

AS 間の設定

CLI 簡単構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

T-PE1

P1

S-PE1 (ASBR 1)

S-PE2 (ASBR 2)

P2

T-PE2

ステップごとの手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。CLI のナビゲートの詳細については、「 Using the CLI Editor in Configuration Mode」を参照してください。

PE1 ルーターを AS 間で設定するには、以下の手順に従います。

適切なインターフェイス名、アドレス、その他のパラメーターを変更した後、MPLS ドメインの PE2 デバイスに対してこの手順を繰り返します。

  1. T-PE1 インターフェイスを構成します。
  2. 自律システム番号を設定します。
  3. 管理インターフェイスを除く、PE1 のすべてのインターフェイスでの MPLS を有効にします。
  4. BGP を使用して、MS PW を構成する中間 S-PEs の自動検出を有効にします。
  5. T PE1 の BGP グループを構成します。
  6. ローカルおよび近隣アドレスを S-PE1 を使用して、PE1 to ピアの mspw グループに割り当てます。
  7. PE1 のすべてのインターフェイスで、管理インターフェイスを除外して OSPF を構成します。
  8. 管理インターフェイスを除外して、PE1 のすべてのインターフェイスで LDP を構成します。
  9. PE1 でレイヤー 2 VPN ルーティングインスタンスを設定します。
  10. Mspw ルーティングインスタンスのインターフェイス名を指定します。
  11. Mspw ルーティングインスタンスのルート識別子を設定します。
  12. FEC の 129 MS PW 用にレイヤー 2 VPN ID コミュニティーを設定します。
  13. Mspw ルーティングインスタンス用の VPN ルーティングおよび転送 (VRF) ターゲットを設定します。
  14. Mspw ルーティングインスタンスのルーティングプロトコルとしてレイヤー 2 VPN を使用して、送信元アタッチメント識別子 (SAI) 値を設定します。
  15. CE1 サイトを VPN に接続するインターフェイス名を割り当て、レイヤー 2 VPN を使用して、mspw ルーティングインスタンス用のルーティングプロトコルとして、ターゲットアタッチメント識別子 (タイ) 値を設定します。
  16. ナPE1 が MS-PW ステータス TLVs 送信するように設定します。
  17. ナVPN 用の OAM 機能を設定します。

ステップごとの手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。CLI のナビゲートの詳細については、「 Using the CLI Editor in Configuration Mode」を参照してください。

PE1 (ASBR 1) を相互に設定するには、以下の手順に従います。

MPLS ドメインの S-PE2 (ASBR 2) デバイスに対してこの手順を繰り返し、適切なインターフェイス名、アドレス、その他のパラメーターを変更します。

  1. PE1 (ASBR 1) インターフェイスを構成します。
  2. 自律システム番号を設定します。
  3. PE1 (ASBR 1) のすべてのインターフェイスで、管理インターフェイスを除外して MPLS を有効にします。
  4. BGP を使用した S-PE の自動検出を有効にします。
  5. PE1 (ASBR 1) の IBGP グループを T-PE1 を使用してピアに設定します。
  6. IBGP グループのパラメーターを構成します。
  7. PE1 (ASBR 1) の EBGP グループを S-PE2 (ASBR 2) でピアに設定します。
  8. EBGP グループのパラメーターを構成します。
  9. PE1 (ASBR 1) のすべてのインターフェイスで、管理インターフェイスを除外して OSPF を構成します。
  10. PE1 (ASBR 1) のすべてのインターフェイスで、管理インターフェイスを除外して LDP を構成します。
  11. PE1 (ASBR 1) で next-hop (次ホップ) 機能を有効にするためのポリシーを定義します。

結果

設定モードから、、、、 show interfacesおよびshow protocolsshow routing-instancesshow routing-optionsshow policy-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

T-PE1



S-PE1 (RR 1)

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

ルートの確認

目的

必要なルートが学習されていることを確認します。

アクション

運用モードから、、、 show routempls.0ms-pw.l2vpn.1ルーティングのbgp.l2vpn.1ldp.l2vpn.1テーブルに対してコマンドを実行します。

動作モードから、 show route table bgp.l2vpn.1コマンドを実行します。

user@T-PE1> show route table bgp.l2vpn.1

動作モードから、 show route table ldp.l2vpn.1コマンドを実行します。

user@T-PE1> show route table ldp.l2vpn.1

動作モードから、 show route table mpls.0コマンドを実行します。

user@T-PE1> show route table mpls.0

動作モードから、 show route table ms-pw.l2vpn.1コマンドを実行します。

user@T-PE1> show route table ms-pw.l2vpn.1

意味

この出力は、autodiscovery (AD) ルートを含む、学習したすべてのルートを示しています。

AD2 prefix 形式はRD:SAII-type2以下のとおりです。

  • RDルート識別子値です。

  • SAII-type2タイプ2のソースアタッチメント識別子値です。

PW2 プリフィックスフォーマットはNeighbor_Addr:C:PWtype:l2vpn-id:SAII-type2:TAII-type2、以下のようになります。

  • Neighbor_Addrは、近接型の S PE デバイスのループバックアドレスです。

  • C制御ワード (CW) が有効かどうかを示します。

    • CCW CtrlWordが設定されているかどうかを示します。

    • CCW NoCtrlWordが設定されていない場合です。

  • PWtype疑似線のタイプを示します。

    • PWtype4 、イーサネットタグモードであるかどうかを示します。

    • PWtype5 、イーサネットのみの場合です。

  • l2vpn-idは、MS PW ルーティングインスタンスのレイヤー 2 VPN ID です。

  • SAII-type2タイプ2のソースアタッチメント識別子値です。

  • TAII-type2タイプ2のターゲットアタッチメント識別子値です。

LDP データベースの確認

目的

S-PE1 から PE1 が受信した MS PW ラベルが、T-PE1 から S-PE1 に送信されていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show ldp databaseコマンドを実行します。

user@T-PE1> show ldp database

意味

プレフィックス付きFEC129のラベルは、MS PW に関連付けられています。

T-PE1 の MS-PW 接続を確認しています

目的

FEC 129 の MS-PW 接続がすべて正常に設定されていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show l2vpn connections extensiveコマンドを実行します。

user@T-PE1> show l2vpn connections extensive

出力の以下のフィールドをチェックして、T PE デバイス間で MS PW が確立されていることを確認します。

  • Target-attachment-id—タイ値が T-PE2 の SAI 値であるかどうかを確認します。

  • Remote PE—T PE2 ループバックアドレスが表示されているかどうかを確認します。

  • Negotiated PW status TLV—値がYesであることを確認します。

  • Pseudowire Switching Points—スイッチングポイントが S-PE1 から S-PE2 で、S-PE2 から T-PE2 にリストされているかどうかを確認します。

意味

PE1 と T-PE2 の間に、転送方向に MS PW が確立されます。

S PE1 の MS-PW 接続を確認しています

目的

FEC 129 の MS-PW 接続のすべてが、mspw ルーティングインスタンス用に正しく設定されていることを確認してください。

アクション

動作モードから、 show l2vpn connections instance __MSPW__ extensiveコマンドを実行します。

user@S-PE1> show l2vpn connections instance __MSPW__ extensive

出力の以下のフィールドをチェックして、T PE デバイス間で MS PW が確立されていることを確認します。

  • Target-attachment-id—タイ値が T-PE2 の SAI 値であるかどうかを確認します。

  • Remote PE—T-PE1 と S-PE2 ループバックアドレスが表示されているかどうかを確認します。

  • Negotiated PW status TLV—値がYesであることを確認します。

  • Pseudowire Switching Points—スイッチングポイントが S-PE2 から T-PE2 にリストされているかどうかを確認します。

意味

PE1 と T-PE2 の間に、転送方向に MS PW が確立されます。

S PE2 の MS-PW 接続を確認しています

目的

FEC 129 の MS-PW 接続のすべてが、mspw ルーティングインスタンス用に正しく設定されていることを確認してください。

アクション

動作モードから、 show l2vpn connections instance __MSPW__ extensiveコマンドを実行します。

user@S-PE2> show l2vpn connections instance __MSPW__ extensive

出力の以下のフィールドをチェックして、T PE デバイス間で MS PW が確立されていることを確認します。

  • Target-attachment-id—タイ値が T-PE1 の SAI 値であるかどうかを確認します。

  • Remote PE—PE1 と T-PE2 ループバックアドレスがリストされているかどうかを確認します。

  • Negotiated PW status TLV—値がYesであることを確認します。

  • Pseudowire Switching Points—スイッチングポイントが S-PE1 から T-PE1 にリストされているかどうかを確認します。

意味

PE1 と T-PE2 の間には、逆方向に MS PW が確立されています。

T-PE2 の MS-PW 接続を確認しています

目的

FEC 129 の MS-PW 接続がすべて正常に設定されていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show l2vpn connections extensiveコマンドを実行します。

user@T-PE2> show l2vpn connections extensive

出力の以下のフィールドをチェックして、T PE デバイス間で MS PW が確立されていることを確認します。

  • Target-attachment-id—タイ値が T-PE1 の SAI 値であるかどうかを確認します。

  • Remote PE—T PE1 ループバックアドレスが表示されているかどうかを確認します。

  • Negotiated PW status TLV—値がYesであることを確認します。

  • Pseudowire Switching Points—スイッチングポイントが S-PE2 から S-PE1 で、S-PE1 から T-PE1 にリストされているかどうかを確認します。

意味

PE1 と T-PE2 の間には、逆方向に MS PW が確立されています。

トラブルシューティング

MS-PW 接続のトラブルシューティングについては、以下を参照してください。

コマンド

問題

T PE デバイスと T PE デバイスと中間デバイス間の接続を確認する方法について説明します。

ソリューション

T-PE1 が T-PE2 を ping できることを確認します。このping mpls l2vpn fec129コマンドは、Sais および tais を整数または IP アドレスとして受け入れます。また、他のパラメーターinstance(、 local-idremote-idremote-pe-address) の代わりに CE に接しているインターフェイスを使用することもできます。

Checking Connectivity Between T-PE1 and T-PE2

user@T-PE1> ping mpls l2vpn fec129 instance FEC129-VPWS local-id 800:800:800 remote-pe-address 10.255.14.1 remote-id 700:700:700
user@T-PE1> ping mpls l2vpn fec129 interface ge-3/1/2

Checking Connectivity Between T-PE1 and S-PE2

user@T-PE1> ping mpls l2vpn fec129 interface ge-3/1/2 bottom-label-ttl 2

双方向の転送検知

問題

BFD を使用して、T PE デバイスからの MS-PW 接続をトラブルシューティングする方法について説明します。

ソリューション

動作モードから、 show bfd session extensiveコマンド出力を確認します。

user@T-PE1> show bfd session extensive

Traceroute

問題

MS PW が設定されていることを確認する方法について説明します。

ソリューション

動作モードから、出力tracerouteを確認します。

user@T-PE1> traceroute mpls l2vpn fec129 interface interface