Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

例:BGP 出力優先度スケジューラおよびグローバルアドレスファミリーの優先度の設定

 

この例では、システム全体の BGP ルートの優先度スケジューラを構成およびテストする方法について説明します。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • Junos OS リリース16.1 以降を実行している MX シリーズルーター (R1)

BGP ルート優先度設定スケジューラを構成する前に、ルーターで BGP プロトコルが動作していることを確認してください。

概要

BGP ルート優先度スケジューラは、ルート優先順位付けシステムの17個の出力キュー内で行われた作業量を制御するために使用されます。システムは、ワークトークンが割り当てられているルーティングインスタンスごとに、17個の優先度が設定された出力キューのセットを使用します。17個の優先度が設定された出力キュー (1-16 および優先) はすべて、デフォルトで1つのトークンが割り当てられるようになります。1と100間の任意の数のトークンを各17キューに割り当てることができます。キューにトークンを割り当てることで、キュー内のルートに対して実行される作業量のバランスを取ることができます。さらに、各キーワードを特定の番号付き出力キューに割り当てることで、高、中、低優先度のキューイングのデフォルト設定を構成できます。この例では、ワークトークン数がそれぞれ異なる17個の優先度キューを設定し、inet ユニキャストルート用のグローバル出力優先度を設定し、グローバル優先度を上書きする一部の BGP グループを設定することで、継承を証明することを示します。設定。

構成

  • 17 update-tokens個の出力キューそれぞれに割り当てます。

  • 番号付きキューをデフォルトhighmediumlow優先度の高いキューとして使用するように指定します。

  • ルートのグローバルな出力inet unicast優先度を設定します。

  • Test1 という名前の BGP グループを構成して、グループの上書き機能を表示します。

  • グローバル継承を表示する test2 という名前の BGP グループを構成します。

CLI 簡単構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

個々の出力優先度キューの設定

ステップごとの手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。CLI のナビゲートの詳細については、『』の「 Using the CLI Editor in Configuration Mode」を参照してくださいCLI ユーザーガイド

  1. 17個の優先度が設定された出力キューのそれぞれに更新トークンを割り当てます。

高、中、低の優先順位のルート更新に使用する既定のキューを構成する

ステップごとの手順

結果

設定を確認するには、 show bgp output-scheduler運用モードからコマンドを発行します。

ルートファミリーのグローバル出力優先度を設定します。

ステップごとの手順

  1. ルート用にoutput-queue-priorityinet unicastグローバルを構成します。

Test1 という名前の BGP グループを設定します

ステップごとの手順

  1. グループtest1を設定して、グローバル出力優先度を上書きし、グループを上書きする1つの隣接ノードと、存在しない1つの隣接ノードを含めます。

Test2 という名前の BGP グループを構成します

ステップごとの手順

  1. グローバルデフォルトを受け入れるtest2ように BGP グループを設定します。

検証

BGP 出力スケジューラの構成を確認する

目的

BGP 出力スケジューラの構成を確認するには、運用show bgp output-schedulerモードからコマンドを発行します。

アクション

user@R1> show bgp output-scheduler

意味

出力は、出力スケジューラの構成が、各出力キューに適切な数のトークンを適用して成功し、高、中、低の優先度のキーワードが適切な出力キューに割り当てられていることを示しています。

グループ構成、グループの上書き、および近隣ノードの上書きを確認する

目的

構成されたグループがグループの上書き、近傍の上書き、継承を示すshow bgp group group-nameことを確認するには、運用モードからコマンドを発行します。

アクション

user@R1> show bgp group test1

意味

この出力は、ピア224.223.2.2 の出力キュー優先度が7、ルート更新優先度が8、withdraw 優先度が優先されていることを示しています。近傍224.223.1.1 の出力キューの優先度は4ですが、ルートの更新優先度は6で、withdraw の優先度は「ファミリー inet unicast」または「3」のデフォルト設定です。

グローバル優先度設定から継承を確認します。

目的

グローバル BGP ルートの優先度設定を無効にするように構成されていないshow bgp group group-nameグループがあることを確認するには、運用レベルでコマンドを発行します。

アクション

user@R1> show bgp group test2

意味

この出力は、 inet unicasttest2グループ内のルートのデフォルトルートの優先度がグローバル構成と一致することを示しています。