Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

例:AS 内の終了ポイントを決定する MED 属性を構成しています

 

この例では BGP update メッセージでアドバタイズするために複数の終了識別子 (MED) メトリックを設定する方法を示します。

要件

この例を設定する前に、デバイス初期化以外に特別な設定は必要ありません。

概要

BGP 更新メッセージでアドバタイズする MED メトリックを直接設定するには、 metric-out以下のステートメントを含めます。

metric ピアに送信されたすべてのルートのプライマリメトリックです。 0 ~ 4294967295 の値を指定できます (232 – 1).

以下のオプション設定もサポートされています。

  • minimum-igp—内部ゲートウェイプロトコル (IGP) で計算された最小メトリック値にメトリックを設定し、BGP ネクストホップを取得します。新しく計算されたメトリックが最小メトリック値よりも大きい場合、メトリック値は変わりません。新たに計算されたメトリックが小さい場合は、メトリック値はその値に低くなります。

  • igp—IGP で計算された最新のメトリック値にメトリックを設定し、BGP ネクストホップに移動します。

  • delay-med-update—MED 値が増加したときの MED 更新の送信を遅延させます。明細書delay-med-updateを設定igpするときにステートメントを含めます。更新送信を遅延させるデフォルト間隔 (MED が低いか、ルートに関連付けられた別の属性 が変更された場合を除きます) は10分です。既定のmed-igp-update-interval minutes間隔を変更[edit routing-options]するには、階層レベルの明細書を含めます。

  • offset—IGP で計算しoffsetたメトリック値から使用されるメトリックを増加または減少するための値を指定します。メトリック値は、指定された値によって相殺されます。値が正の場合は、 igp or igp-minimumを指定することで、IGP で計算されたメトリックが増加します。 offset 値が負の場合は、 igp or igp-minimumを指定することで、IGP で計算されたメトリックが減少します。 offset

    offset2から–の範囲の値を指定できます31~ 231 – 1. 調整されたメトリックは、0また は 2 未満にならないことに注意してください。32 – 1.

図 1は、内部のピアセッションと隣接自律システムに複数の出口ポイントがある典型的なネットワークを示しています (AS)。

図 1: IBGP セッションと複数の終了ポイントを含む一般的なネットワーク
IBGP セッションと複数の終了ポイントを含む一般的なネットワーク

デバイス R4 には、アドバタイズしたプレフィックスをシミュレートするように構成された複数のループバックインターフェイスがあります。余分なループバックインターフェイスアドレスは、44.44.44.44/32 と 144.144.144.144/32 です。この例では、デバイス R4 を構成して、MED-V 値を 30 ~ デバイス R2、MED-V 値 20 ~ Device R2) にアドバタイズする方法について説明します。これにより、すべてのデバイスが123としてデバイス R2 を通過するパスが推奨されます。

構成

CLI 簡単構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

デバイス R1

デバイス R2

デバイス R3

デバイス R4

デバイス R1 の構成

ステップごとの手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。CLI のナビゲートの詳細については、『』の「 Using the CLI Editor in Configuration Mode」を参照してくださいCLI ユーザーガイド

デバイス R1 を構成するには、次のようになります。

  1. インターフェイスを構成します。
  2. BGP を構成します。
  3. OSPF を構成します。
  4. 直接ルートを受け入れるポリシーを構成します。

    このシナリオのその他の便利な方法として、OSPF またはローカルルートから学習したルートを受け付けることが考えられます。

  5. ルーター ID と自律システム (AS) 番号を設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show policy-optionsshow protocols、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

デバイス R2 の構成

ステップごとの手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。CLI のナビゲートの詳細については、『』の「 Using the CLI Editor in Configuration Mode」を参照してくださいCLI ユーザーガイド

デバイス R2 を構成するには、次のようになります。

  1. インターフェイスを構成します。
  2. BGP を構成します。
  3. OSPF を構成します。
  4. 直接ルートを受け入れるポリシーを構成します。

    このシナリオのその他の便利な方法として、OSPF またはローカルルートから学習したルートを受け付けることが考えられます。

  5. ルーター ID と自律システム (AS) 番号を設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show policy-optionsshow protocols、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

デバイス R3 の構成

ステップごとの手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。CLI のナビゲートの詳細については、『』の「 Using the CLI Editor in Configuration Mode」を参照してくださいCLI ユーザーガイド

デバイス R3 を構成するには、次のようにします。

  1. インターフェイスを構成します。
  2. BGP を構成します。
  3. OSPF を構成します。
  4. 直接ルートを受け入れるポリシーを構成します。

    このシナリオのその他の便利な方法として、OSPF またはローカルルートから学習したルートを受け付けることが考えられます。

  5. ルーター ID と自律システム (AS) 番号を設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show policy-optionsshow protocols、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

デバイス R4 の構成

ステップごとの手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。CLI のナビゲートの詳細については、『』の「 Using the CLI Editor in Configuration Mode」を参照してくださいCLI ユーザーガイド

デバイス R4 を構成するには、次のようにします。

  1. インターフェイスを構成します。

    デバイス R4 は、アドバタイズされたプレフィックスをシミュレートする複数のループバックインターフェイスアドレスを備えています。

  2. 直接ルートを受け入れるポリシーを構成します。

    このシナリオのその他の便利な方法として、OSPF またはローカルルートから学習したルートを受け付けることが考えられます。

  3. BGP を構成します。
  4. 近傍デバイス R3 の MED 値30、および近傍デバイス R2 用の MED 値20を構成します。

    この設定により、デバイス R2 を通過するパスを4として使用するために、123 (AS、デバイス R1、デバイス R2、デバイス R3 がメンバーである) の自律システムが発生します。

  5. ルーター ID と AS 番号を設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show policy-optionsshow protocols、およびshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

デバイス R1 からデバイス R4 へのアクティブパスの確認

目的

デバイス R2 でアクティブパスが使用されていることを確認します。

アクション

動作モードから、 show route protocol bgpコマンドを入力します。

user@R1> show route protocol bgp

意味

アスタリスク (*) は、デバイス R2 を介して優先パスが指定されていることを示します。パス選択の理由は、MED 20 として表示されます。

デバイス R4 がルートを正しく送信していることを確認します。

目的

デバイス R4 が、値 20 ~ デバイス R2、値 30 ~ デバイス R3 の更新メッセージを送信していることを確認してください。

アクション

動作モードから、 show route advertising-protocol bgp 24.24.24.2コマンドを入力します。

user@R4> show route advertising-protocol bgp 24.24.24.2
user@R4> show route advertising-protocol bgp 34.34.34.3

意味

MED 列は、デバイス R4 が正しい MED 値を2つの外部 BGP (EBGP) 近隣ノードに送信していることを示しています。