Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

パス計算のための SPRING TE のサポート要素プロトコルの概要

 

ネットワーク (SPRING) のソースパケットルーティングのトラフィックエンジニアリング (TE) 機能は、Junos OS の Path Computation Element Protocol (PCEP) 実装でサポートされています。このサポートによって、SPRING のメリットは、パス計算要素 (PCE) によって開始されたラベルスイッチパス (Lsp) に拡張し、MPLS ネットワークで外部パスコンピューティングのメリットを補強することができます。このトピックでは、PCEP TE の Lsp の実装について説明します。

トラフィックエンジニアリングの SPRING

従来、RSVP はトラフィックエンジニアリングの問題に対処するために使用されてきました。RSVP-TE は RSVP への拡張であり、MPLS のラベルをプレフィックス用に生成し、同時にリソース予約機能を使用して、ネットワークを介して特定の Lsp を予約できます。現在、PCEP の実装 Junos OS は RSVP-TE を使用しています。Junos OS リリース17.2 から開始し、PCEP の実装は、SPRING TE をサポートするように拡張されています。

SPRING は、IPv4 または IPv6 のデータプレーンで動作し、同じコストのマルチパス (ECMP) をサポートできます。IGP 拡張機能が組み込まれているため、SPRING は、レイヤー 3 VPN (L3VPN)、仮想プライベートワイヤサービス (VPWS)、仮想プライベート LAN サービス (VPLS)、イーサネット VPN (EVPN) など、MPLS の豊富なマルチサービス機能と統合されています。

SPRING TE ソリューションには、次のような上位レベルのコンポーネントがあります。

  • 広告リンク特性に IGP を使用します。これは RSVP TE に類似しています。

  • 受信デバイスまたは PCE に CSPF を使用します。

  • リンクの広告ラベルに IGP を使用します。

    SPRING では、入口デバイスは、トラバースするリンクのラベルを積み重ねることで LSP を構築します。リンク単位の IGP アドバタイズはラベルスタックと組み合わされ、受信したソースルーティング Lsp が作成されます。そのため、通過するデバイスはエンドツーエンドの Lsp を認識していません。結果として、SPRING TE では LSP 単位のシグナリングは存在せず、近隣ラベルごとにスタックする機能によって制御プレーンのスケーリングプロパティが提供されます。これにより、送信デバイスに LSP メモリを必要とすることなく、エッジノード間で Lsp を作成できます。ただし、SPRING TE のラベルスタック機能によって多数のラベルが管理されているため、一部のプラットフォームではサポートが困難な場合があります。

PCEP for SPRING-TE Lsp 向けの Junos OS 実装

PCEP for SPRING TE Lsp の実装で Junos OS は、SPRING TE Lsp 用のトンネルルートを作成し、IP トラフィックやサービスの配置にトンネルルートを使用できます。PCE Lsp は、隣接関係とノードのセグメントを使用して作成されます。 TE

Junos OS SPRING TE Lsp は6ホップを超えることはできません。PCE は、SPRING TE LSP のパスを計算し、PCEP セグメントルーティング (SR) 拡張機能を使用して、PCC (パス計算クライアント) で LSP をプロビジョニングします。PCEP SR 拡張機能が解析され、PCC にトンネルが作成される。他のトンネルルートと同様に、IP トラフィックとサービスをトンネル上で解決することができます。

PCEP for SPRING TE Lsp の実装には、以下のコンポーネントが含まれています。 Junos OS

SPRING TE モジュール

SPRING TE Lsp が PCC に作成され、inet. 3 ルーティングテーブルでトンネルルートを使用できるようになります。PCC は、送信元の明示的ルートオブジェクト (S-ERO) の最初のネットワークアクセス識別子 (NAI) に基づいてアウトゴーイングインターフェイスを選択します。PCC が、ラベルを持たない S ERO を受信した場合、S-ERO は拒否されます。SPRING-TE は、独自のプリファレンス値を持つトンネルルートを作成します。

パスに6個以上のラベルがある場合、パスは実用的ではありません。そのため、6ホップを超える S-ERO は拒否されます。同じ送信先に複数の Lsp が同じメトリックで存在する場合、PCC は、同じコストのマルチパス (ECMP) ルートを作成します。

Junos OS は、最優先ホップとしての最初のホップを含む S EROs をサポートしています。PCC では、緩やかなホップノードセグメント ID に基づいてアウトゴーイングインターフェイスを選択することはサポートされていません。ただし、残りのホップはゆるんでしまう可能性があります。単に、次ホップの作成にラベルを使用するだけでなく、S-EROs の最初のホップを超えた特定の処理は行われません。

トラフィックエンジニアリングデータベース

PCE が PCC 用の SPRING TE LSP を準備した後、次のようないくつかの変更が可能になります。

  • パスによって使用されるラベルは変化する可能性があります。

  • パスで使用されるラベルはウィズドロウできます。

  • LSP によって走査されるインターフェイスの1つがダウンして、IGP 広告を監視することで検知できます。

PCC は、上記の変更のいずれにも対応していません。PCC は、PCE がイベントを処理し、LSP を再プログラムするか、必要に応じて lsp を停止するまで待機します。しかし、SPRING TE LSP の直接アタッチされたインターフェイスがダウンすると、その SPRING TE LSP はトンネルルートの作成に使用されなくなります。

PCEP の相互作用

PCEP の実装では、PCC 上で受信したプロビジョニングタイプ S-ERO オブジェクトの処理をサポートし Junos OS ています。PCC が PCE との接続を失った場合、SPRING TE Lsp は300秒間維持され、その後消去されます。PCE が SR には適用されないセットアップの優先度などのパラメーターを供給する場合、PCC はそれらを無視します。

PCEP の Lsp TE との相互作用は、インターネットドラフトをベースにしています。—draft-ietf-pce-lsp-setup-type-03.txtおよび draft-ietf-pce-segment-routing-06.txt。PCEP のドラフトコンプライアンスは、以下のとおりです。

  • PCE 機能タイプ、長さ、値の TLV をサポートします。デフォルトでは、最大サービス識別子 (SID) が5に設定されています。このmax-sid-depth文を使用して、アドバタイズされた最大 SID 深さを制御できます。

  • Path setup TLV はサポートされています。

  • ERO はサポートされていますが、緩やかなホップ拡張はサポートされていません。

  • IPv4 ノード Id と隣接関係のみがサポートされています。IPv6 または番号なしの隣接関係はサポートされていません。

  • 最大 SID 深度は常に5に設定されているため、メトリックオブジェクトも5に設定されます。

ラベルを持っていない S ERO オブジェクトは拒否されます。

PCEP の構成 (SPRING TE 用)

Enabling SPRING for PCEP

PCEP で SPRING を有効にするには、MPLS と SPRING TE を構成する必要があります。

PCEP の PCEP for TE SPRING が有効になっている場合、RSVP-TE を無効にすることはできません。

TE PCEP を有効にするには、以下の設定を実行する必要があります。

  1. MPLS の外部パスコンピューティング機能を有効にします。この設定は、PCEP for RSVP TE にも必要です。
  2. 外部パスコンピューティング機能を使用して、SPRING TE を構成します。
  3. PCE で SPRING を有効にします。


Configuring Maximum SID Depth

SPRING TE の SID の最大値は、デフォルトで5に設定されています。以下の構成を使用して、アドバタイズされる最大 SID 深さを制御することができます。



Configuring Preference Value for SPRING-TE

SPRING TE のデフォルトのプリファレンス値は8です。



Configuring SPRING-TE Logging

以下の構成は、SPRING TE Lsp のログを制御するために使用されます。



Viewing SPRING-TE LSPs

このshow spring-te lspコマンドは、デバイス上の SPRING TE lsp を表示します。

show spring-te lsp name lsp-name
show spring-te lsp extensive

PCEP の SPRING での制限およびサポートされていない機能-TE

PCEP の SPRING をサポートすることで、システムのパフォーマンスが向上することはありません。ただし、PCEP の SPRING TE の実装には、以下のような制約があります。

  • SPRING TE LSP は、PCC ではローカルに保護されていません。LSP が6ホップ以上になると、その他のサービスは、通常の IP を提供する以外の LSP には用意されていません。

  • グレースフルルーティングエンジンスイッチオーバー (GRES) と統合型 ISSU のインサービスソフトウェアアップグレードはサポートされていません。

  • 無着陸アクティブルーティング (NSR) はサポートされていません。

  • IPv6 はサポートされていません。

  • 論理システムはサポートされていません。