Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

MPLS 接続の確認の概要

 

J-Web ping MPLS 診断ツールまたは CLI コマンドping mplsping mpls l2circuit, ping mpls l2vpn、およびping mpls l3vpnを使用して、ラベルスイッチパス (lsp)、レイヤー 2 およびレイヤー 3 仮想プライベートネットワーク (vpn)、レイヤー 2 の状態を診断します。電気.

接続されたリモートエンドポイントの LSP または VPN outbound (送信) ノードがプローブに応答する方法に基づいて、LSP または VPN の接続を決定できます。

各プローブは、LSP または VPN の出口ポイントに UDP ペイロードを使用して MPLS パケットとして送信されるエコー要求です。送信ノードは、エコー要求を受信すると、プローブの内容をチェックし、応答パケットの UDP ペイロード内の値を返します。デバイスが応答パケットを受信した場合、成功した ping 応答を報告します。

2 秒より長くかかる応答は、失敗したプローブとして識別されます。

表 1J-Web ping MPLS 診断ツールまたは CLI ping mplsコマンドを使用して、Vpn および lsp で MPLS 接続に関する情報を表示するためのオプションをまとめています。

表 1: MPLS 接続を確認するためのオプション

J-Web Ping MPLS ツール

「 ping Mpls」コマンド

目的

その他の情報

Ping RSVP-signaled LSP

ping mpls rsvp

リソース予約プロトコル (RSVP) によって設定された LSP の運用性を確認します。デバイスは、設定された LSP 名を使用して、特定の LSP に ping を行います。

RSVP シグナル LSP が複数のパスを持つ場合、デバイスは現在アクティブなパスで ping 要求を送信します。

Ping LDP-signaled LSP

ping mpls ldp

ラベル配布プロトコル (LDP) によって設定された LSP の運用性をチェックします。デバイスは、転送の同値クラス (FEC) プレフィックスと長さを使用して、特定の LSP に ping を送信します。

LDP のシグナルによる LSP が複数のゲートウェイを使用している場合、デバイスは最初のゲートウェイを通じて ping 要求を送信します。

LDP シグナル Lsp に送信された Ping 要求は、マスタールーティングインスタンスのみを使用します。

Ping LSP to Layer 3 VPN prefix

ping mpls l3vpn

レイヤー 3 VPN に関連する接続の運用性を確認します。デバイスは、プロバイダエッジ (PE) デバイス’の vpn ルーティングおよびフォワーディング (VRF) テーブルにプレフィックスがあるかどうかを、レイヤー 3 VPN 宛先プレフィックスを使ってテストします。

デバイスでは、PE デバイスと顧客エッジ (CE) ルーター間の接続をテストすることはできません。

Locate LSP using interface name

ping mpls l2vpn interface

レイヤー 2 VPN に関連する接続の運用性を確認します。デバイスは、指定されたインターフェイスをアウトゴーイング要求プローブに指示します。

Instance to which this connection belongs

ping mpls l2vpn instance

レイヤー 2 VPN に関連する接続の運用性を確認します。このデバイスは、レイヤー 2 vpn ルーティングインスタンス名、ローカルサイト識別子、リモートサイト識別子の組み合わせによって ping を行い、受信と送信の間で 、識別子によって指定されたレイヤー 2 vpn 回線の完全性をテストします。PE ルーター

Locate LSP from interface name

ping mpls l2circuit interface

レイヤー2回線接続の運用性を確認します。デバイスは、指定されたインターフェイスをアウトゴーイング要求プローブに指示します。

Locate LSP from virtual circuit information

ping mpls l2circuit virtual-circuit

レイヤー2回線接続の運用性を確認します。デバイスは、IPv4 プレフィックスと仮想回線識別子の組み合わせによってアウトバウンド PE ルーター上で ping を行い、受信と送信 の両方の pe ルーター間でレイヤー2回線の完全性をテストします。

Ping end point of LSP

ping mpls lsp-end-point

LSP エンドポイントの運用性を確認します。デバイスは、LDP FEC プレフィックスまたは RSVP LSP エンドポイントアドレスを使用して LSP エンドポイントに ping を行います。