Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

セキュリティデバイス上のレイヤー2インターフェイスについて

 

レイヤー2論理インタフェースを作成するには、1つまたは複数の論理ユニットを物理インタフェース上で、そのファミリのアドレスタイプとともに定義します。 ethernet-switching。物理インタフェースに ethernet-switchingファミリー論理インタフェースでは、論理インタフェースに他のファミリータイプを含むことはできません。論理インタフェースは、次のいずれかのモードで設定できます。

  • アクセスモード—インターフェイスはタグなしパケットを受け入れ、指定された vlan 識別子をパケットに割り当て、一致する vlan 識別子で構成されている vlan 内でパケットを転送します。

  • トランクモード—インターフェイスは、指定された vlan 識別子のリストと一致する、vlan 識別子付きの任意のパケットを受け付けます。通常、トランクモードインターフェイスは、スイッチを相互接続するために使用されます。物理インターフェイスで受信したタグなしパケットの VLAN 識別子を構成するにnative-vlan-idは、このオプションを使用します。native-vlan-idオプションが設定されていない場合、タグなしパケットはドロップされます。

トランクインターフェイスの VLAN id が別のトランクインターフェイスと重複しない限り、複数のトランクモード論理インタフェースを定義できます。はnative-vlan-id 、トランクインターフェイス用に構成された VLAN 識別子リストに属している必要があります。