Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

FEC BER の監視と BER しきい値の理解

 

PTX シリーズパケットトランスポートルーター上の光伝送ネットワーク (OTN) インターフェイスは、事前対応型のエラー訂正 (FEC) ビットエラーレート (BER) を使用して、OTN リンクの状態を監視できます。次の PICs は、FEC の BER による監視をサポートしています。

  • P1-PTX-2-100G-WDM

  • P2-100GE-OTN

  • P1-PTX-24-10G-W-SFPP

Junos OS リリース 18.3 R1 では、ACX6360 ルーター上の光伝送インターフェイスは、事前対応型のエラー訂正 (pre) (FEC) ビットエラーレート (BER) を使用して、光リンクの状態を監視します。詳細については、 Supported Forward Error Correction Modes on ACX6360 Routerを参照してください。

PICs は、転送エラー訂正 (FEC) を使用して、受信データのビットエラーを修正します。FEC の FEC の制限を超えていない限り、すべてのビットエラーは正常に識別され、修正が行われるため、パケットロスは発生しません。各ポートの FEC BER は、システムによって監視されます。これにより、リンク劣化の早期警告が可能になります。適切な FEC BER しきい値と間隔を設定することで、PIC を有効にすることで、FEC の上限に達する前にプリエンプティブなアクションを実行できます。この FEC BER しきい値ロジックが MPLS 高速再ルーティングと組み合わされている場合、パケットロスを最小限に抑えることができます。

信号劣化のしきい値 (ber-threshold-signal-degradeさせる) と、インターフェイスの間隔 (interval) の両方を指定する必要があります。しきい値は、信号が劣化する条件の BER 基準を定義し、インターバルは、アラームが発生する前に、BER がしきい値を超過しなければならない最小の期間を定義します。しきい値と間隔の関係は、で図 1示しています。アラームが発生した後、BER がしきい値を下回るレベル (ber-threshold-clear) に戻ると、アラームは消去されます。

図 1: FEC BER による監視
FEC BER による監視

FEC の BER による監視が有効になっている場合、構成済みの FEC BER 信号がしきい値が低下する設定に達すると、PIC はリモートインターフェイスにパケットの転送を停止し、インターフェースアラームを発生させます。受信パケットは引き続き処理されます。MPLS 高速再ルーティングまたは別のリンク保護方式で FEC BER の監視を使用している場合、トラフィックは別のインターフェイスに再ルーティングされます。

また、逆方向の高速再ルーティングを構成して、ローカルの FEC ステータスを送信された OTN フレームに挿入し、リモートインターフェイスに信号劣化を通知することもできます。リモートインターフェイスは、この情報を使用して、トラフィックを別のインターフェイスにルート変更することができます。FEC の BER の監視と、逆方向への高速再ルーティングを同時に使用すると、レイヤー 3 プロトコルで要求されるよりも短時間で、シグナルの低下やトラフィックの再ルーティングが発生します。

階層レベルsignal-degrade-monitor-enablebackward-frr-enable and ステートメントを含めて、FEC の BER 監視およびバックワード高速再ルーティングを可能にします。 [edit interfaces interface-name otn-options preemptive-fast-reroute]

FEC BER シグナルを構成して監視を悪化させる場合は、 signal-degrade-monitor-enableとの両方のbackward-frr-enableステートメントを設定することをお勧めします。

また、FEC BER しきい値を設定して、信号の劣化を示すアラームを発生させたり、しきい値の時間間隔を調整したりすることもできます。BER しきい値およびインターバルが設定されていない場合は、デフォルト値が使用されます。

受信したシグナルの低下アラームがアクティブで、逆方向の高速再ルーティングが有効になっている場合、特定のフラグが trasmitted OTN のオーバーヘッドに挿入されます。リンクの反対側のリモート PIC は OTN のオーバーヘッドを監視するため、信号が劣化した場合でも、両方のエンドがトラフィックの再ルーティングを開始できるようになります。信号の劣化状況が解消されると、OTN オーバーヘッドフラグが通常の状態に戻ります。

FEC BER 信号のしきい値が低下した場合、PIC’の受信 FEC デコーダーの BER 補正制限 (または FEC limit) を基準として、特定の量のシステムマージンが定義されます。各 PIC は、FEC デコーダー実装—に固有の FEC 制限を設定しています。

以下の例では Q を使用しています。2ファクター測定 (Q 係数としても知られています)。Q-in-q2係数は Q に対する相対デシベル単位で表されます。2-ファクターゼロ (dBQ) Q-in-q2-要素を使用すると、非直線的な性質を持つ BER 値と比較して、連続した用語でシステムマージンを記述できます。しきい値を決定した後で、Q からの閾値を変更しなければなりません。2は、科学的表記法を使用して、これらの要素を CLI に入力することができます。BER は Q に変換できます。2、次の方程式を使用して因数分解することができます。

ヒント

Q 間で変換するには2ファクターと BER スプレッドシートプログラムでは、以下の数式を使用して値を概算することができます。

  • Q を計算するには2果たし

  • BER を計算するには:

表 1は、固定された FEC の制限、構成可能な信号のしきい値の低下、構成しやすいしきい値を、それぞれの PICs について示しています。この例では、FEC limit、信号劣化のしきい値、およびクリアしきい値の間で、およそ1つのシステムマージンが設定されています。

表 1: —シグナルの劣化と、1 Dbq での閾値のクリア

PIC

FEC タイプ

FEC Limit

信号が低下したしきい値

しきい値のクリア

Q-in-q2ファクター休止Q-in-q2ファクター休止Q-in-q2ファクター休止

P1-PTX-2-100G-WDM

FEC

6.7 dbq

1.5E–2

7.7 dbq

7.5E–3

8.7 dbq

3.0E–3

P2-100GE-OTN

G.709 GFEC

11.5 dbq

8.0E–5

12.5 dbq

1.1E–5

13.5 dbq

1.0E–6

P1-PTX-24-10G-W-SFPP

G.975.1 I.4 (UFEC)

9.1 dbq

2.2E–3

10.1 dbq

6.9E–4

11.1 dbq

1.6E–4

G.975.1 I.7 (EFEC)

9.6 dbq

1.3E–3

10.6 dbq

3.6E–4

11.6 dbq

7.5E–5

G.709 GFEC

11.5 dbq

8.0E–5

12.5 dbq

1.1E–5

13.5 dbq

1.0E–6

信号が劣化したしきい値を調整するには、まず新しいシステムマージンターゲットを決定し、次に、該当する BER を計算する必要があります (方程式を使用して、Q からの変換を行います)。2(BER に対応)表 2値を表示します 。信号が劣化したしきい値に対して、FEC 制限に対する相対位置の 3 dbq システムマージンが 必要です (一方、1 dbq では信号が劣化したしきい値を維持しています)。

システムマージンの選択は主観的であり、さまざまなリンク特性と耐障害性と安定性の目標に基づいてしきい値を最適化したいと考えているかもしれません。FEC の BER による監視と BER しきい値の設定に関するガイダンスについては、ジュニパーネットワークス担当者にお問い合わせください。

表 2: 設定—後のシグナルの低下としきい値のクリア

PIC

FEC タイプ

FEC Limit

信号が低下したしきい値

しきい値のクリア

Q-in-q2ファクター休止Q-in-q2ファクター休止Q-in-q2ファクター休止

P1-PTX-2-100G-WDM

FEC

6.7 dbq

1.5E–2

9.7 dbq

1.1E–3

10.7 dbq

2.9E–4

P2-100GE-OTN

G.709 GFEC

11.5 dbq

8.0E–5

14.5 dbq

4.9E–8

15.5 dbq

1.1E–9

P1-PTX-24-10G-W-SFPP

G.975.1 I.4 (UFEC)

9.1 dbq

2.2E–3

12.1 dbq

2.8E–5

13.1 dbq

3.1E–6

G.975.1 I.7 (EFEC)

9.6 dbq

1.3E–3

12.6 dbq

1.1E–5

13.6 dbq

9.1E–7

G.709 GFEC

11.5 dbq

8.0E–5

14.5 dbq

4.8E–8

15.5 dbq

1.1E–9

、、 ber-threshold-signal-degradeber-threshold-clearおよびintervalの各ステートメントを[edit interfaces interface-name otn-options signal-degrade]階層レベルに含めて、BER のしきい値と時間間隔を設定します。

高いヒットしきい値を設定し、待ち時間を長くすると、内部のカウンターレジスタが飽和状態になる場合があります。このような構成はルーターによって無視され、代わりにデフォルト値が使用されます。このエラーに関するシステムログメッセージがログに記録されます。

Release History Table
リリース
説明
Junos OS リリース 18.3 R1 では、ACX6360 ルーター上の光伝送インターフェイスは、事前対応型のエラー訂正 (pre) (FEC) ビットエラーレート (BER) を使用して、光リンクの状態を監視します。