Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

伝送側の VLAN CCC カプセル化クライアント論理インタフェースの概要

 

現在、Junos OS では、同一の擬似ワイヤクライアント物理インターフェイスで、複数の論理インターフェイスに同じ VLAN ID を設定することはできません。プロバイダエッジvlan-ccc (PE) デバイスでのトランスポート擬似回線 (PS) インターフェイスのカプセル化をサポートするために、この制限はなくなり、複数の論理インターフェイス上で同じ VLAN ID を構成できます。

トランスポート PS インターフェイスに設定vlan-cccする主な理由は、ネットワーク内の既存のアクセスおよび集約デバイスとの相互運用性です。現在、Junos OS はethernet-cccトランスポート PS インターフェイスでのカプセル化をサポートしています。通常、疑似線接続を確立する一方で、アクセスデバイスは VLAN ベースの擬似回線 (VLAN タグモードとも呼ばれます) を開始し、PE ルーターはイーサネットモード VLAN をアクセスデバイスに戻します。このタイプの擬似回線接続が確立されるようにするにはignore-encapsulation-mismatch 、この文を使用します。ただし、Junos OS デバイス (アクセスデバイス) はこのignore-encapsulation-mismatch文をサポートしていない可能性があるため、擬似回線接続は形成されません。アクセスデバイスignore-encapsulation-mismatchでサポートされていない文は、ノード間vlan-cccで擬似ワイヤ接続を構成できます。

転送データパスは、トランスポート PS インターフェイス上のvlan-ccc新しいカプセル化によって変更されることはありませんethernet-ccc 。また、カプセル化がトランスポート ps インターフェイス上で設定されている場合と同様の動作を行います。トランスポート PS インターフェイスは、外部のレイヤー2ヘッダーと MPLS のヘッダーを、WAN ポートで送信または受信されたパケットにカプセル化またはカプセル化解除します。パケットの内部イーサネットまたは VLAN ヘッダーは、疑似ワイヤクライアントサービス論理インタフェースで処理されます。適切な VLAN Id または VLAN タグを使用して、疑似ワイヤクライアントサービス論理インタフェースを設定する必要があります。

以下のセクションでは、アクセスおよびアグリゲーションノードの両方からの擬似ワイヤ構成に関する詳細な例を示します。

アクセスノードからの疑似ワイヤ構成

このような疑似線は、アクセス・ノードからの Vlan を使用して設定されています。また、顧客の Vlan (C Vlan) で構成されているレイヤー2回線に接続して、PE ルーターにアクセスします。PE ルーターの受信トラフィック (アクセスノード側から) は、シングル VLAN タグ付き (内部イーサネットヘッダー) です。したがって、サービス論理インターフェイスは、アクセスノードに接続された C VLAN Id に対応する同一の VLAN Id を使用して設定する必要があります。

図 1は、アクセスノード (アクセスノード) のトランスポート PS インターフェイスの詳細を示しています。

図 1: アクセスノードからの疑似線クライアントトランスポート論理インタフェース
アクセスノードからの疑似線クライアントトランスポート論理インタフェース

次の例は、PE ルーター上の擬似ワイヤクライアント論理インターフェイス構成をアクセスノードから設定する方法を示しています。

アグリゲーションノードからの擬似ワイヤ構成

この場合、アグリゲーションノードはスタック型 VLAN を処理します (q in Q としても知られています)。この疑似線はアグリゲーションノードから生成され、PE ルーター上で終了します。アグリゲーションノードはサービス VLAN (S-VLAN) タグをプッシュし、PE ルーターは2個の VLAN タグ—で動作することが予想されます。外部 vlan タグは S-vlan に対応しており、内部 vlan タグは、C vlan に対応しています。PE ルーターのトランスポート PS インターフェイスに設定されている VLAN ID は、S VLAN の VLAN タグと一致する必要があります。疑似線クライアントサービス論理インターフェイスでは、外部 VLAN タグを S-VLAN と一致するように設定し、内部 VLAN タグを C VLAN と一致するように設定する必要があります。

図 2は、アグリゲーションノードからのトランスポート PS インターフェイスの詳細を示しています。

図 2: アグリゲーションノードからの疑似ワイヤクライアントトランスポート論理インタフェース
アグリゲーションノードからの疑似ワイヤクライアントトランスポート論理インタフェース

次の例は、PE ルーター上の擬似ワイヤクライアント論理インターフェイス構成をアグリゲーションノードから構成する方法を示しています。