Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

受信 MPLS パケットの TTL 処理

 

このフローチャートで図 1は、受信 MPLS パケットの TTL 処理について説明します。輸送 LSR または送信の管理では MPLS、1つまたは複数のラベルをポップし、1つ以上のラベルをプッシュできます。パケットの受信 TTL は、設定された TTL 処理トンネルモデルによって決定されます。

以下の条件がすべて満たされると、受信 TTL は、即時内部ヘッダーの TTL 値に設定されます。

  • 外部ラベルは、スワップされるのではなくポップされます。

  • TTL 処理モデルがパイプに設定されています

  • 内部ヘッダーは MPLS または IP

これらの条件のいずれかが満たされていない場合、受信 TTL は一番外側のラベルの TTL 値に設定されます。すべての場合において、それ以上の内部ラベルの TTL 値は無視されます。

IP パケットが公開されると、MPLS によってポップ対象のすべてのラベルがポップされると、MPLS パケットが TTL のチェックを含むその他の処理のために IP に渡されます。TTL 処理のための uniform トンネルモデルが有効になっている場合、MPLS は IP パケットの TTL 値を設定された受信 TTL 値に設定します。つまり、TTL 値は一番外側のラベルから IP パケットにコピーされます。TTL 処理のパイプモデルが有効になっている場合、IP ヘッダー内の TTL 値は変更されません。

IP パケットがラベルポップによって公開されていない場合、MPLS は TTL の検証を実行します。着信 TTL が2未満であれば、パケットはドロップされます。最も内側のパケットが IP の場合、ICMP パケットが構築されて送信されます。TTL が期限切れにならず、パケットを送信する必要がある場合、発信 TTL は送信 MPLS パケットのルールによって決定されます。

図 1: 受信 MPLS パケットの TTL 処理
受信 MPLS パケットの TTL 処理