Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

TCC の概要

 

直線移動クロスコネクト (TCC) は、さまざまなレイヤー 2 プロトコルまたはサーキットの間で相互接続を確立できるスイッチング概念です。CCC に似ています。CCC には、ジュニパーネットワークスルーター (PPP ツー Ppp、フレームリレーツーフレームリレーなど) の各側で同じレイヤー 2 encapsulations が必要です。 TCC では、さまざまなタイプのレイヤー 2 プロトコルを相互接続することができます。TCC を使用すると、PPP ツー ATM (を参照図 1) やイーサネット間リレー接続などの組み合わせが可能になります。

図 1: TCC の例
TCC の例

TCC に よって相互接続できるレイヤー2回線とカプセル化のタイプは以下のとおりです。

  • イーサネット

  • 拡張 Vlan

  • PPP

  • HDLC

  • ATM

  • フレームリレー

TCC は、フレームがルーター に入る前にレイヤー2ヘッダーを削除し、フレーム に別のレイヤー2ヘッダーを追加してから、ルーターから移動します。で図 1は、ルーター B に着信するフレームから PPP カプセル化を削除し、ATM カプセル化は、フレームがルーター C に送信される前に追加されます。

すべての制御トラフィックは相互接続しているルーター (ルーター B) で終了していることに注意してください。トラフィックコントローラの例としては、リンク制御プロトコル (LCP) と PPP のネットワーク制御プロトコル (NCP)、フレームリレー用のキープアライブ (HDLC)、ローカル管理インターフェイス (LMI) などがあります。

TCC の機能は標準レイヤー2スイッチングとは異なります。TCC は、レイヤー 2 ヘッダーのみを交換します。ヘッダーチェックサム、TTL デクリメント、プロトコル処理など、その他の処理は実行されません。TCC は IPv4 でのみサポートされています。

TCC イーサネットインターフェイスでのアドレス解決プロトコル (APR) パケットの監視は、10.4 とそれ以降のリリースで有効です。

TCC は、インターフェイススイッチングおよびレイヤー 2 vpn 用に設定できます。TCC を仮想プライベートネットワーク (Vpn) に使用する方法の詳細についJunos OS VPNs Library for Routing Devicesては、『』を参照してください。