Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

リンク保護用の複数のバイパス Lsp

 

デフォルトでは、リンク保護は単一のバイパス LSP に依存して、インターフェイスにパスの保護を提供します。ただし、複数のバイパス Lsp を指定して、インターフェイスに対してリンク保護を提供することもできます。これらの Lsp を個別に設定するか、すべてのバイパス Lsp に対して単一の構成を作成することができます。[Lsp のバイパス] を個別に構成しない場合は、すべてのユーザーが同じパスと帯域幅の制約を共有します。

以下のアルゴリズムは、LSP に対して追加のバイパス LSP をアクティブ化する方法と時期を示しています。

  1. 現在アクティブなバイパスによって LSP の要件を満たすことができる場合 (帯域幅、リンク保護、またはノードリンク保護)、トラフィックはバイパスに送信されます。

  2. アクティブなバイパス LSP を使用できない場合は、マニュアル全体をスキャンして、先入れ先出し (FIFO) 順序で、既にアクティブになっているものをスキップします (各手動バイパスは1回だけアクティブにすることができます)。要件を満たすことができる、1つ目の非アクティブな手動のバイパスは アクティブ化され、そのバイパスがトラフィックに送られます。

  3. 手動バイパス Lsp が使用できず、ステートメントがmax-bypassesリンク保護のために複数のバイパス lsp をアクティブにしている場合は、自動設定された lsp が要件を満たすことができるかどうかを判断します。自動的に設定されたバイパス LSP を使用できる場合に、アクティブに設定された自動的なバイパス Lsp の総数が、ステートメントでmax-bypasses設定された最大バイパス lsp 制限を超えていない場合は、別のバイパスする lsp をアクティブ化します。

リンク保護用に複数のバイパス Lsp を構成する方法については、「 Configuring Bypass LSPs」を参照してください。