Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

多対1リンク保護 (施設バックアップ) の概要

 

多対一 (施設のバックアップ) は、LSP ではなく、インターフェイスをベースにしています。高速再ルーティングは、LSP のパス全体にわたるインターフェイスやノードを保護し図 1ますが、必要に応じて、多数の対1の保護をインターフェイスに適用することもできます。で図 1は、保護するリンクのバイパスパスが設定されています (10.0.12.14) を使用して、トラフィックを転送します。バイパスパスは、障害が発生したリンクを通過するすべての保護された Lsp によって共有される (多くの Lsp が1つのバイパスパスによって保護される)。

図 1: 多対1またはリンク保護
多対1またはリンク保護

図 1は、2つの lsp (lsp1-r6-to-r0および lsp2-r1-to-r5) は、事前に設定された1つのバイパスパスで保護します。 R1宛先 R2から R7。両方の Lsp がインターフェイスを通して厳密なパスを設定している fe-0/1/0。対する R1、インターフェイス 10.0.12.13次ホップを保護するリンク保護が構成されている 10.0.12.14

リンク保護 (多対1またはファシリティバックアップ) により、リンク障害から即座にルーターをアップストリームして、代替インタフェースを使用して、下流の近傍にトラフィックを転送できます。これは、障害が発生したリンクを通過するすべての保護された Lsp が共有するバイパスパスを事前に確立することによって実現されます。単一のバイパスパスによって、保護された Lsp のセットを保護することができます。障害が発生すると、リンクが直ちにすぐに停止して、保護されたトラフィックをバイパスリンクに切り替え、受信したルーターへのリンク障害を通知します。

高速再ルーティングと同様に、リンク保護はローカルでの修復と復元の接続を提供します。受信ルータースイッチングトラフィックをスタンバイのセカンダリパスと比べて高速化します。ただし、高速再ルーティングとは異なり、リンク保護はダウンストリームのノードの障害に対する保護を提供しません。

リンク保護は、以下の状況で適切に実行されます。

  • 保護する Lsp の数は膨大です。

  • バイパスパスのパス選択基準 (優先度、帯域幅、リンクカラーリング) を満たすことは、それほど重要ではありません。

  • 個々の Lsp のきめ細かい制御は必須ではありません。