Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

MPLS 間のリンク保護を理解する

 

リンク保護は、インターフェイスに障害が発生した場合に、トラフィックの復元を確実に実行するために MPLS ネットワークで不可欠です。受信ルーターは、別のインターフェイスを介して、宛先にトラフィックを送信する代替リンクを選択します。

図 1は、自律システム境界ルーター (ASBRs) は外部 BGP (ebgp) を別の自律システム (AS) の ASBRs に実行し、IPv4 ルートのラベルを交換します。32。社内では、内部 BGP (IBGP) によって、プロバイダエッジ (PE) デバイスへのルートが伝達されます。デバイスの ASBR3 からデバイス ASBR1 へのリンクがダウンしている場合、デバイス ASBR3 が新しいネクストホップを再インストールするまで、ASBR3-ASBR1 リンクを介して64511として送信されるすべての64510トラフィックがドロップします。デバイス ASBR3 preprograms は、デバイス ASBR4 を介してバックアップパスを使用するか、デバイス ASBR2 が存在する場合はダイレクトパスを使用して (図には示されていない場合)、高速なトラフィック復元を実現できます。このことは、デバイス ASBR3 が、IBGP または EBGP から保護する必要があるルートに対して、ループフリーの MPLS パスを学習することを前提としています。

このソリューションは、64510 64511 として ASBR3 として送信されるトラフィックに対して、デバイス ASBR3 の障害を処理するのではありません。 ASBR1 リンクを使用します。このソリューションは、BGP ラベル付きで、ダウンストリーム間のリンクノード保護に限定されます。このソリューションでは、ASBR の障害が発生した場合に、プロバイダ (P) と ASBR のルーター間でのサービス復元をサポートしていません。たとえば、このソリューションは、P3-ASBR3 link の障害を処理することはありません。

このサポートされる機能は BGP マルチパスに似ていますが、アクティブな転送に使用されるのは1つのネクストホップのみで、2つ目のパスは保護モードになっています。

MPLS 間環境でlabeled-unicastは、組織間のトラフィックの送信に使用されるリンク保護を有効にすることができます。そのため、さまざまな通信における2つのルーター間のリンクで、MPLS 間のリンク保護を設定しています。

インターフェイスでリンク保護を構成するには、 protection次のよう[edit protocols bgp group group-name family inet labeled-unicast]に階層レベルのステートメントを使用します。

MPLS 間のリンク保護はlabeled-unicast 、マスタールーティングインスタンスでのみ、外部ピアとの間でのみサポートされています。

保護が設定されているリンクは、保護パスと呼ばれています。保護パスは、最適なパスを選択した後にのみ選択され、以下の場合は選択されません。

  • 最適なパスは、非 BGP パスです。

  • BGP マルチパスのように、複数のネクストホップがアクティブになっています。