Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

DiffServ 対応トラフィックエンジニアリング機能

 

DiffServ 対応トラフィックエンジニアリングは、次の機能を提供します。

  • 集約レベルではなくクラス単位のレベルでのトラフィックエンジニアリング

  • さまざまなクラスタイプの帯域幅の制約 (トラフィッククラス)

  • クラスごとに異なるキューイング動作を可能にし、ルーターがクラスタイプに基づいてトラフィックを転送できるようにします。

比較すると、標準的なトラフィックエンジニアリングでは CoS 考慮されておらず、すべての差別化サービスクラスにおいて、その作業を集約して完了しています。

DiffServ 対応トラフィックエンジニアリングには、以下のようなメリットがあります。

  • トラフィックエンジニアリングは、集約レベルではなく特定のクラスタイプで実行できます。

  • 帯域幅の制約は、それぞれの特定のクラスタイプに適用できます。

  • この It は、EXP に基づいてトラフィックを転送します。

これにより、MPLS ネットワーク全体のサービスと帯域幅を保証できます。DiffServ 認識型トラフィックエンジニアリングなどのサービスでは、ATM 回線エミュレーション、VoIP、および保証された帯域幅サービスを提供することができます。

ここでは、IGP、制限された最短パスの最初 (CSPF)、および RSVP が DiffServ を認識するトラフィックエンジニアリングに参加する方法について説明します。

  • IGP は、各トラフィックエンジニアリングクラスの予約されていない帯域幅を、差別化されたサービスドメインの他のメンバーに通知できます。この情報は、トラフィックエンジニアリングデータベースに格納されています。

  • CSPF 計算は、各クラスタイプの帯域幅制約を考慮して実行されます。すべての制約が満たされた場合、CSPF 計算は成功したと見なされます。

  • RSVP が LSP に通知する場合、指定されたクラスタイプの帯域幅を要求します。